【ほぼ週イチ情報66】来年度広報委員会へバトンタッチ♪

週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】

 4月2日(月)

 ◇三井住友海上 自動受付サービス開始!
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便!「後を絶たない年金問題」
 ◇HERT OF GOLD お客様の愛情を保険に託して
 ◇誰も教えなかった!保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇リスクマネージメント講座
 ◇知って得する税務情報 非課税所得の保険金等と受取人
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇代理店登場! 60歳以上の人材活用で人手不足を解消
 ◇深堀り!保険用語
 ◇大阪代協 消費者に信頼される代理店になるために
 ◇奈良代協 グリーン基金贈呈式

【保険毎日新聞】

 3月29日(木)

 ■損保総研 4月からウェブ講座開講
 ■あいおいニッセイ同和損保 働き方改革と女性活躍を推進
 ■エクセルエイド少短 Amazonマーケットプライスに出店

 3月30日(金)

 ■Japan Digital Design 保険ロボアドバイザー
 ■18年1月末の自動車・自賠責保険実績
 ■日本保険サービス 顧客本位の業務運営推進

 4月2日(月)

 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 新商品説明会
 ■あいおいニッセイ同和損保 社員向け介護セミナー
 ■第一生命 「ジャスト」新CM発表会

 

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。お久しぶりの更新となります。
広報のヤマです。

気付けば、2017年度も終わり2018年度がスタートしました♪
昨年度の業績はいかがだったでしょうか?

埼玉代協も、来月の通常総会で2018年度となります。
私も、今回のアップをもって広報委員としての役目が終わりとなります。
約2年に渡り、ご覧いただきありがとうございました。

今思うと、もっと有益な情報提供ができたのではないか?
もっとわかりやすい表現方法があったのではないか?
一般消費者向けに代協加盟店へ誘導できたのではないか?などなど、
反省しかありませんが、やり切った感はあります!(^^♪

広報委員会一同、心より感謝申し上げます。
今後もホームページの閲覧と拡散をお願いしたいと思います。

それでは、次期広報員会が行う広報活動をお楽しみに~♪
広報のヤマでした。

じゃあね('ω')ノ

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報66】来年度広報委員会へバトンタッチ♪

週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】

 4月2日(月)

 ◇三井住友海上 自動受付サービス開始!
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便!「後を絶たない年金問題」
 ◇HERT OF GOLD お客様の愛情を保険に託して
 ◇誰も教えなかった!保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇リスクマネージメント講座
 ◇知って得する税務情報 非課税所得の保険金等と受取人
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇代理店登場! 60歳以上の人材活用で人手不足を解消
 ◇深堀り!保険用語
 ◇大阪代協 消費者に信頼される代理店になるために
 ◇奈良代協 グリーン基金贈呈式

【保険毎日新聞】

 3月29日(木)

 ■損保総研 4月からウェブ講座開講
 ■あいおいニッセイ同和損保 働き方改革と女性活躍を推進
 ■エクセルエイド少短 Amazonマーケットプライスに出店

 3月30日(金)

 ■Japan Digital Design 保険ロボアドバイザー
 ■18年1月末の自動車・自賠責保険実績
 ■日本保険サービス 顧客本位の業務運営推進

 4月2日(月)

 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 新商品説明会
 ■あいおいニッセイ同和損保 社員向け介護セミナー
 ■第一生命 「ジャスト」新CM発表会

 

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。お久しぶりの更新となります。
広報のヤマです。

気付けば、2017年度も終わり2018年度がスタートしました♪
昨年度の業績はいかがだったでしょうか?

埼玉代協も、来月の通常総会で2018年度となります。
私も、今回のアップをもって広報委員としての役目が終わりとなります。
約2年に渡り、ご覧いただきありがとうございました。

今思うと、もっと有益な情報提供ができたのではないか?
もっとわかりやすい表現方法があったのではないか?
一般消費者向けに代協加盟店へ誘導できたのではないか?などなど、
反省しかありませんが、やり切った感はあります!(^^♪

広報委員会一同、心より感謝申し上げます。
今後もホームページの閲覧と拡散をお願いしたいと思います。

それでは、次期広報員会が行う広報活動をお楽しみに~♪
広報のヤマでした。

じゃあね('ω')ノ

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報65】NISAとiDeCOの違いは??

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】

 11月13日(月)

 ◇共栄火災 雇用トラブルガードを発売!
 ◇三井住友海上 ドローンでの損調開始
 ◇競争を生き抜く代理店
 ◇保険ショップの現場から
 ◇代理店経営情報 シニア世代の骨折事故に注意!
 ◇中小企業開拓のポイントはココ!
 ◇三井住友ダイレクト 自動運転に関心持つ人は48.5%に
 ◇火災保険約款物語 ㉞
 ◇地域密着代理店「非競争」ブランドづくり
 ◇生保jの食わず嫌いを解決する
 ◇体制整備への道のり 「継続性」と「習得度」

【保険毎日新聞】

 11月9日(木)

 ■リコーリース 「家主ダイレクト」反響大
 ■損保料率機構 ウェブサイトリニューアルへ
 ■三井住友海上 「働き方改革」でオープンセミナー

 11月10日(金)

 ■三井住友海上あいおい生命 専用受付サイト開設
 ■ほけんの窓口グループ 「FIT2017」で講演
 ■2017年10月の主な動き

 11月13日(月)

 ■セゾン自動車火災 コールセンターの体制拡充
 ■JAIFA埼玉県協会 40周年記念行事
 ■JA共済連 共済事務インフラクター全国交流会

 11月14日(火)

 ■スイス再保険日本支店 東京セミナー2017
 ■UCDA 2017年選考結果報告会

 ■記者の視点から 平成29年7月九州北部豪雨(上)

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
先週は、理事会や東関東ブロック会議・セミナーと大忙しで、
新風会のアップがアタフタなヤマですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
11月半ばになると、さすがに寒いですね。
ストーブの時期となりました。火事にならない様に注意喚起をしていきましょう♪

それでは、他代協にHP褒められ機嫌がいいうちに、今週のヤマ視点にいきましょう!
今週のヤマ視点は、
新日本保険新聞『所得税法上の保険料控除合計適用限度額を15万円に!」です。
これは、損保ではなく生保分野の話ですが、生損保販売をされている会員も多いですし、
この時期控除証明が契約者に届く時期ですので、覚えておいた方がいいと思います。

平成30年度税制改正要望としてあげられている内容です。
今年ではないのですし、要望なので決定ではないのでご注意を。
どんな内容かまとめると、
★所得税法上及び地方税法上の生保・介護医療・個人年金の各保険料控除の上限を
 5万円及び3.5万円にすること
★所得税法上の保険料控除の合計適用限度を15万円とする。(現行12万円)

生保(第一分野)と医療保険料控除については、皆さん説明できますよね?
新契約と旧契約の違いなど。
それに付け加え、個人年金についてはどうでしょうか?

今話題の個人年金には、
NISAと積立NISAとiDeCoがあります。
(ここでは、企業型確定拠出年金は省略します)
何が違うのでしょう?
まず、NISAと積立NISAは『少額投資非課税制度』
   iDeCoは、『個人型確定拠出年金』 制度が異なります。

せっかくですので、両者の簡単な特徴をおさらい。
NISAと積立NISA
★20歳以上の日本に居住している人ならば誰でもできる。
★いつでも解約ができる。
★どちらか一方を選択する。(1年ごとに積立NISAからNISAに変更ができる。)
NISA:運用期間5年(最長10年)年間120万円累積600万
積立NISA:運用期間20年、年間40万円累積800万。
★資金引出時:課税対象になる
iDeCo
★日本に居住している20歳から60歳の人。
注意:国民年金の第2号被保険者は注意が必要。
★運用期間は、加入から60歳まで。60歳から70歳まで運用可。
原則60歳まで解約ができない!
★資金引出時:非課税

NISAと積立NISAとiDeCo共通:損失時は損益通算ができない。
いかがでしょうか?ざっくりと基礎情報を掲載しました。
詳しく知りたい人は、証券会社のパンフレット・HPを見るといいと思います。
12月から受付開始されるコンサルタントコースでも学べると思います。

このあたりまでサラッと説明出来たらかっこいいですね('ω')ノ
話を保険料控除に戻すと、やはり損保系控除もっと欲しいですね。
ヤマ的には、トータルプランナーやFP相談料控除も出来て欲しいところです。
相談料欲しいですね。
このあたりにも日本代協と損保協会タッグ組んで頑張って欲しいと思います。

すぐに詳しく知りたい方は、21日開催される第6回新風会にご参加してみて下さい。
社労士の先生が来られますので、公的保険についても詳しく聞く事ができます。
お申込みはこちら⇒【第6回新風会参加申し込みページ】

では、また来週お会いしましょう('ω')ノ♪

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報64】代理店ポイント体制は変わるのか?

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】

 11月6日(月)

 ◇日新火災 火災保険「神社仏閣プラン」販売
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便!
 ◇代理店経営情報 保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇代理店登場! 保険一筋40年、「奥深く、面白い」仕事
 ◇法人保険販売の新潮流 財務知識から法人にアプローチ
 ◇深堀り!保険用語
 ◇真似して伸びる暗記営業のススメ
 ◇三井ダイレクト 新規契約の割引額拡大

【保険毎日新聞】

 11月1日(水)

 ■金融庁 平成28年事務年度金融レポート②
 ■神奈川代協 6支部合同セミナー開く
 ■損保ジャパン日本興亜 大阪府に備蓄米寄贈

 11月2日(木)

 ■金融庁 平成28年事務年度金融レポート③
 ■シリーズ解説 IFRS保険会計③
 ■MDRT日本会 メディア向け説明会

 11月3日(金)

 ※祝日の為、休刊です。

 11月6日(月)

 ■アナリスト経済短信 10月開催のECB理事会について
 ■生保協会 17年8月末の生保事業概況
 ■応用地質(株) 「OYOフェア2017」開催

 11月7日(火)

 ■かんぽ生命 17年度下期資産運用方針説明会
 ■ISO代理店 葵総合保険(京都市)

 ■生命保険修士会 定時総会で金子勝氏が講演

 11月8日(水)

 ■生保協会 2017年版生命保険の動向①
 ■MS&ADインシュアランスグループ 第8回CC電話対応コンクール

 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 女性向け「次世代管理職育成研修」

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
11月に入り、10月とは違い気持ちのいい天気に恵まれてますね。
皆さんは、週末お出かけになりましたか?
ヤマは、PCの前で引きこもってました(;'∀')

それではいきましょう♪今週のヤマ視点!は・・・
保険毎日新聞11月8日記事「金融庁代理店手数料ポイント制度」についてです。

業界団体との意見交換会で主な論点を金融庁が公表しました。
要点は3つ。
①代理店手数料ポイント制度
②代理店乗合承認
③保険商品審査

①代理店手数料ポイント制度について
これは、国会でも議論された事があります。
ここでの要点は、
1.顧客対応等の業務品質よりも規模・増収が中心となっている事
2.店主・社員の高齢化に伴うリタイアメントの充実を図る事
3.保険会社から代理店への情報提供・説明、代理店の意見を汲み取る方向性
金融庁の結論としては、
「保険会社と代理店間の代理店業務委託契約に定められた民間契約であり、
その在り方については当事者間でよく話し合う事が重要。」

 

②代理店乗合承認
この項目のポイントは
1.保険会社からの乗合申請の回答を引き延ばされる
2.保険会社研修生出身の場合、乗合を認めない保険会社の対応について
3.乗合承認の相談を受け付けなかったり、乗合拒否理由を文章で回答しない
金融庁の結論として

この件も「保険会社と代理店間の代理店業務委託契約に定められた民間契約であり、
その在り方については当事者間でよく話し合う事が重要。」

ざっくりまとめるとこんな感じです。
これを見てくれている皆さん、いかが思われましたか?
ヤマ的には、
営利目的の保険会社なので、規模・増収を重んじる事は仕方ないと思います。
しかし、PDCAが重要の現代において3年先の代理店手数料ポイント体制が、
出されない事が問題かと思いました。
また、保険会社は法人新種保険の割引新商品を発売し、乗り換えた際の減収について
救済的処置がない事がどうかと思いました。
乗合承認について、その代理店が本当に乗り合い消費者にしっかりとした対応ができる

体制整備が整った代理店ならば、承認すべきだと思います。
まぁ、私はこのまま専属でもいいかな~と最近は思ってますけど…。

皆さんのご意見をコメントにてお待ちしております。
下記に金融庁HPでアップされていたファイルを付けましたので、
お時間がある時にご覧ください。

それでは、今週も頑張りましょう(''ω'')ノまた来週。

コメントをいただきました♪

投稿者 : ゆきうさぎ
コメント : いつもいつも情報提供ありがとうございますm(_ _)m

     民間契約であり・・・この言葉が非常にいやな響きですね!
     残念ながら、喜べるないようとは思えません

投稿者 : 斉藤高士
コメント : 「民民の契約であり・・・・・・」という言葉があるから残念でした。
     ではないのです。
保険は本来国の財政が豊かだったら国だけでできるもの。
現在それを「一部」民に肩代わりさせています。
民間の医療保険は健康保険が万全だったら不要。
厚生年金制度、国民年金制度が万全だったら死亡保険は不要。
自賠が対人対物無制限だったら自動車保険は不要。
国はそれらが無理なので有限会社東京海上などを明治12年に作り、
その後多数の民間保険会社を誕生させ、火災など家系分野の隅々まで
肩代わりさせました。
なぜ、われわれは金融庁や財務局のきびいしい監督下にあるか。
保険会社は国の代理を務め、代理店は国の復代理を務めている、と
言える構造にあるからです。

保険は純粋な民民事業ではありません。
今回のように金融庁文書を出して保険業界を動かすこと、
そのものが純粋な民民の事業でない、ということの証拠です。
ポイント制度を含む委託契約書も間接的な広い意味では、
行政の監督下に入っていると言えます。
では我々はどうやって行動するか、を考えないといけないですね。

投稿者 :広報のヤマ
コメント : ゆきうさぎさん、斉藤専務理事、コメントありがとうございます。
     確かに民・民契約でもあり、国の事業を肩代わりしていると言う、
判断が難しく、しっかりとした定義ができない程に意義深い職業だと感じます。

ではなぜ、少し保険会社よりな回答となっているのか?
私は、ゆきうさぎさんと同じく『民・民なので・・』と来たか!とちょっとがっかり。
しかし、その原因は専業代理店そのものに問題があると思います。
自分達の商売は、自分達で守らないといけない。
しかしながら、専業代理店36778店舗あるうちの代協に加入している代理店は
12047店舗。加入率32.6%では意見が通るものも通らないと思います。
代理店の意識が薄すぎる!例えば、専業代理店全てが加入し、署名付きでの意見ならば
もう少し違う回答が出る気もします。

どうすればいいのか?
出来るところから言えば、埼玉代協が変わるべき時に来た気がします。
事業内容の精査、理事・役員の在り方。専業代理店の受け皿的な整備などを行い、
専業代理店から見て魅力ある価値ある代協に変える事。
そして、日本代協に意見を出し日本代協の事業ももっと変えないと急加速で衰退すると
思っています。

投稿者: 斉藤高士
コメント : 専務理事の斉藤です。簡単に情報提供します。
     ネットにも出ていましたが、昨日、参議院議員会館内で院内集会があり、
わたしは代協専務でなく一保険代理店として出席してきました。
金融庁からは岡田課長他二名、深い興味を持つ自民党議員、共産党議員以外に、
情報収集のため秘書を出席させた多くの議員もいました。
全国から85名の代理店が集まりました。
岡田課長は二時間にわたる代理店の意見表明に同席しずっとメモしていましたが、
最後のあいさつでこう言いました。

「ポイント制度を含む委託契約は、一義的には民民の契約ではありますが、
 さすがにこれは、ということで動くことになりました」

これが金融庁の今回の動きの「その心は」です。
保険は純粋な民民ではないから気にしてくれるのです。

また、集会では某経済学博士も意見表明していましたが、
保険会社による独禁法の優越的地位の乱用や、民法の公平な取引、
の違反に当たるのではないか、との見方もあるようです。

独禁法といえば、代協会員が一つにがまとまって保険会社に要求を出すことは
代協が独禁法に触れる、という意見、というか法解釈がありますね。
山崎委員長も代協活動の中で聞き覚えがあると思います。
それと真逆方向の意見、解釈があるのがとても面白いところです。

法すらも一つの明確な意味がない。
言葉は使用するなかで意味を付けて行くもの、
解釈されていくものです。なので活動せねばならないのです。

それから、今回の金融庁の動きがどうやってスタートしたのか、
ここも埼玉代協は検証せねばなりません。
代協はどう絡めたのか。
これだけ活動していてどう絡んだのか。
われわれの役割の再検証が必要になるかも。
また実際に保険会社がもう新しい制度作りに動き始めています。
ふたを開けたら今よりもっと悪くなるかもしれません。
保険会社は本人代理人関係の本人です。
甘くはないです。

投稿者:山崎将史
コメント:斉藤専務理事、詳しい追記コメントありがとうございます。
     でも、いち国会議員が議題を挙げたと言う事は、ある地域の複数の意見で
持ち上がったと推測しております。
この行動は、専業代理店である私からすると、ものすごく勇気がある行動ですごいな。と
思うばかりです。
この件につきましては、自分なりに勉強をして自身の代理店経営に活かしていきたいと
思います。
また、前回の自分のコメントを見返して、埼玉代協が~・・・とコメントを
しましたが、改めてみると私の立場で言う事ではなかったなと反省しております。
広報委員会は、『ありのまま加工せず伝える』出なければいけないと思いました。
今週から、このコーナーの在り方も考えたいと思います。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報63】資格は選んで取得しよう♪

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】

 ※今週は、5週目の為休刊でした(''ω'')ノ

【保険毎日新聞】

 10月26日(木)

 ■AⅠGジャパン/サイバータイン 歩行機能向上推進プログラム
 ■座談会「民法改正と保険契約の課題」③

 ■17年8月末の自動車・自賠責保険の実績

 10月27日(金)

 ■金融庁 コーポレートガバナンス改革で会議
 
■座談会「民法改正と保険契約の課題」④
 ■損保料率機構集計 17年7月末地震保険

 10月30日(月)

 ■地銀の窓販 東京スター銀行
 ■スイス再保険 グローバル火山モデルを開発
 ■エール少額短期保険 榛沢社長に聞く

 10月31日(火)

 ■金融庁 平成28年事務年度金融レポート
 ■座談会「民法改正と保険契約の課題」最終回

 ■ライフプラン診断士協会 認定事業開始

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
11月2・3日で日本代協コンベンションが開催されました。
埼玉代協からコンベンションPT(プロジェクトチーム)として、
南部支部の塚越さんと中央支部の柳澤委員が、約1年日本代協に出向してくれました。
ヤマもコンベンションPTメンバーの経験があります。
毎月1回都内にある日本代協事務局にて行われます。
日々の業務がある中、月1回とは言え都内に行くことは大変です。
なぜならば、埼玉代協の代表として参加するので、簡単には欠席できません。
その重圧もある中、本番当日は早朝よりバタバタ忙しく、ゆっくり食事もできません。
1日目の終わりは、23時頃となります。
2日目も分科会スタッフとして大忙しです。しかも3連休初日ですからね(;'∀')
お二人にお会いした際は、労いのお言葉をお願いします。

それでは、今週のヤマ視点は、
保険毎日新聞から『ライフプラン診断士協会認定事業開始』です。

ライフプラン診断士なる資格が出来たようです。
この資格は、民間認定資格ですので国家資格ではありません。
◆試験日:月1回 ◆受験開催場所:東京・大阪・浜松
◆試験資格:認定講習会に参加した者。
◆認定講習会:試験日と試験会場と同じ。受講料15,000円。
◆試験内容:ライフプランに関する周辺知識
◆合格後:会費 月払いの場合、月額1,000円。

        年一括払の場合 10,000円。
     会員特典:ライフプランで必要なワード検索機能の利用
          無料ライフプランシュミレーションツール
          コールセンターQ&A
          月1回の情報提供
          その他士業紹介、不動産業者などとのマッチング
 ご興味ある方は、一般社団法人ライフプラン診断士協会にアクセスして下さい。

代協メンバーの方は、トータルプランナーで学べる内容だと思います。
(なのであえてリンクを貼りませんでした。)
さらに、言うとこの会費ならば国家資格もW取得できるAFPの方がいいと思います。
資格更新のために単位取得が必要ですが、協会から冊子情報が郵送されますし、
SG(スタディグループ)に参加していれば、自然とマッチングが行われます。
ヤマも数人から、保険紹介をいただいております。
会費も同額ですし、何よりも資格で大切なのは、『消費者の認知度』です。

いくらいい取り組みも、消費者が知らなければ説得力に欠けます。
その点では、トータルプランナーも同じだと思います。
損害保険募集人の最高峰資格も広めないと、資格の威力が発揮できません。
ご存知の通り、資格の認知度が高ければ『先生』として立ち位置がグッとあがり、
その後の説明の破壊力は計り知れません。
トータルプランナーの方はぜひトータルプランナーのカードを持っていただき
ご契約者様に伝えてもらいたいと思います。

と言うことで!損害保険トータルプランナーの受講申し込みが始まります。
これから受ける方は、お申込み期日前にお申込み下さい。
そして、認定保険代理士だった1期・4期・7期・10期の方。
更新手続きは年内に済ませんて下さいね。
自動車保険のNF等級と同じで、更新しないともったいないですよ。
それでは、今週のボウリング大会でお会いしましょう(''ω'')ノ

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報62】上半期の増収率を比べてみよう!

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 10月23日(月)

 ◇あいおいニッセイ同和損保 サイバーセキュリティ保険を提供
 ◇SBI損保 セーフティ・サポートカー割引
 ◇保険に役立つ業種別情報 セーター類製造業
 ◇争奪保険マーケット
 ◇安全文化を提案する代理店
 ◇保険営業に役立つ!労務と社会保険のワンポイントレッスン
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇最強の代理店組織を目指して! 組織づくりの12分野講座
 ◇代理店登場!
 ◇FP手法を活かした保険販売
 ◇交通事故削減はヒューマンマネージメントがカギ!
 ◇新・改正保険業法対応! 変革を予測し半歩前へIT活かし人間関係の仕事を

【保険毎日新聞】

 10月19日(木)

 ■ハノーバー再保険 「長寿リスク」セミナー
 ■特集「保険業界のための資格」④企業分野

 ■日本保険学会 第224回関東部会開催

 10月20日(金)

 ■アクセンチュア 第一生命「健康第一」包括支援
 
特集「保険業界のための資格」⑤生活分野
 ■三井住友海上 2017年度内定式開催

 10月23日(月)

 ■楽天 FinTechカンファレンス開催
 ■座談会「民法改正と保険契約の課題」①
 ■損保ジャパン日本興亜 18年度入社内定式

 10月24日(火)

 ■AIGジャパン サイバーリスクセミナー
 ■17年9月末 損保一般種目速報成績

 ■アイリックコーポレーション「ASシステム」提供先拡大

 10月25日(水)

 ■三井住友海上・インターリスク総研 BCPでオープンセミナー
 ■第一生命経済研究所 消費増税使途見直しの影響
 ■損保料率機構集計 17年6月末の自賠責・共済成績

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
先週の台風に続き、今週も台風が来ております。
これ以上の被害が出ない事を祈りつつ、代理店のサポートパワーを発揮していきましょう♪

それでは、今週のヤマ視点は、保険毎日新聞から『17年9月末 損保一般種目速報成績』
最近、あまり取り上げていませんでしたが、上半期累計となりますのでピックアップ!!
まずは、7社の成績を表にしますね。

2017年9月末 損保一般種目速報!          (単位:百万円)
累  計 自動車 自賠責 火災  新種  傷害  海上  一般合計
損保ジャパン日本興亜 85,841

146184

177041 182548 96795 36367 1177354
東京海上日動 535636 158299

205352

205352 83596 40478 1151168
三井住友海上 338405 83420 136350 145626 66365 57627 827793
あいおいニッセイ
      同和損保
340241 87382 101440 77817 27314 -4 634190
富士火災 69053 12059 29430 6516 16437 1411 134906
共栄火災 30665 9306 14772 12565 13939 2263 83510
日新火災 42985 9435 8899 6445 3633 63

71460

合  計 1895404 475593 626231 636869 308079 138205 4080381
2017年9月末 損保一般種目速報!          (増収率%)
累  計 自動車 自賠責 火災  新種  傷害  海上  一般合計
損保ジャパン日本興亜 0.8 -2.1 8.7 5.0 0.6 3.6 2.3
東京海上日動 1.5 -1.6 2.3 7.9 -1.6 -1.6 2.0
三井住友海上 0.8 -2.1 3.7 2.4 1.7 -0.1 1.2
あいおいニッセイ同和損保 0.0 -2.5 4.7 4.4 2.0 1.0
富士火災 -4.5 -15.7 -3.1 -3.8 -3.4 7.0 -5.0
共栄火災 -0.4 -2.6 4.7 -0.2 11.5 10.6 2.3
日新火災 -0.4 -4.2 4.9 8.3 -3.3 -41.4 0.2
合  計 0.6 -2.5 4.5 5.1 0.5 0.6 1.5

ハァハァ、、(;'∀')結構入力大変ですね。。。

上段の表で、保険会社の規模が比較できます。
下段の表が、代理店経営に使える数字だと思います。
取扱保険会社の増収率と、自社代理店の増収率を比べると、自社代理店の取組みが
見えてくると思います。
保険会社の増収率よりも、上回っている場合:OK~٩( ''ω'' )و
保険会社の増収率と同じ:なんて相性がいいのでしょう♪(=゚ω゚)ノ
保険会社の増収率よりも、下回っている場合:改善の余地がある!( ;∀;)

改善の余地とは、何なのか?
商品分野に苦手意識がある?勉強不足?アプローチが悪い?など。
上回っている分野は、代理店の強み!となります。
同じ場合は、上回っている分野との違いを見ると上がると思います。

ヤマの場合は、だいたい保険会社と同じでした。
ちょっと、新種が上かな?ぐらいです。
業界紙には、いろいろな数字が掲載されます。どの様に活用してますか?
こんな感じで、経営に活かしていると言う指標があったら教えて下さい('ω')ノ

次回は、第3四半期終了後の12月末累計でピックアップしたいと思います。
それでは、事故が起きない週であります様に(^人^)

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報61】損害保険トータルプランナーの季節♪

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 10月16日(月)

 ◇労三井住友海上 中堅・中小企業向けサイバーリスク対策支援
 ◇日本代協阪神ブロックコンベンション お客様と共に歩む代理店の在り方
 ◇保険業界からのアフターサービス 保険会社のCSは人材不足?
 ◇リスクマネジメント実践講座
 ◇安全文化を提案する代理店
 ◇代理店登場!
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇保険代理店価値向上研究会 提案先のリスクや意向を把握
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント講座 日本代協×中小企業診断士
 ◇代理店サポートコラム 既契約者への深耕・追販
 ◇医療機関に直接支払制度 損保ジャパン日本興亜

【保険毎日新聞】

 10月12日(木)

 ■日本代協南関東ブロック協議会 合同イベント
 ■
トータル保険サービス、マイツ 中国進出におけるリスク管理セミナー
 ■損保協会 イオンモールで地震保険広報活動

 10月13日(金)

 ■コープ共済連 新商品・健康づくり支援企画説明会
 ■UiPath RPAで生産性向上
 ■損保協会 交通安全多発交差点マップ更新

 10月16日(月)

 ■あいおいニッセイ同和損保 「自動運転」でAD知創造勉強会
 ■特集「保険業界のための資格」①損害保険
 ■みちくさ保険物語 48

 10月17日(火)

 ■東アジア保険の日 損保協会原会長らがメッセージ
 ■
特集「保険業界のための資格」②生命保険
 ■損保協会 大学生対象防災リーダー・修了式

 10月18日(水)

 ■損保ジャパン日本興亜 物流セミナー開催
 ■特集「保険業界のための資格」③保険専門分野
 ■生保文化センター 「研究助成成果論文」優秀論文表彰式

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
大型で強い台風が、近付いてます。
お出かけの際は、事故に気を付けてくださいね(''Д'')
しかし、雨の多い秋ですね。これは雨男の私のせいではありませんからね~。

それでは、今週のヤマ視点は、保険毎日新聞「特集、保険業界のための資格」です。
代理店対象の試験の歴史を振り返りましょう。
☆1980年10月~2001年3月 新ノンマリン代理店制度
 損害保険代理店種別:特級【一般・工場】、上級、普通、初級

☆2001年4月~2005年
 損害保険募集人試験、コンプライアンス、税務、法律、

☆2005年~
 保険金支払い漏れを受けて、保険募集人の資質向上試験・教育制度となる

☆2011年10月~ 現行の制度 基礎単位と商品単位
 基礎、自動車、火災、傷害、の4種目を受けずに募集すると無届となる制度へ。

☆2012年7月~ 損保大学課程の開始 ※認定保険代理士の廃止
 専門コース(損害保険プランナー認定)と
 コンサルティングコース(損害保険トータルプランナー認定)

『あぁ~、あった!あった!オレ特級だったもん。』って声が所沢から聞こえます(笑)
認定保険代理士は、募集人試験の更新免除なんて特典もありましたね。
今では、トータルプランナーでも基礎を更新試験を受験しないとダメです。

募集人の質の向上と言う意味で、知識の更新は必要でいいと思ってます。
5年も経てば、確実に商品は変わります。

しかし、この基礎・商品単位だけでは、今はプロの保険募集人とは言えません。
最高峰資格、コンサルティングコースで、周辺知識(社会保障など)を学ぶことで
よりご契約者様に民間保険の必要性を伝える事が出来る様になります。
ぜひ、専門コースを経てコンサルティングコースまで受講していただきたいと思います。

そして、損害保険トータルプランナーをお持ちの方は取った後どうしてますか?
ただ『持ってます』では意味がありません。
有料ではありますが、しっかりプラスティックのカードもお持ちください。
提示する事で、より重みを増しますし、持っていない募集人との差別化をしてください。
ご契約者様が、目にする事でその後の提案が伝わりやすくなります。

コンサルティングコースは、12月より受付開始となります。
詳しくはこちら⇒日本代協 損害保険大学課程
(申し込みのページは、損保協会となります)
分からない事がありましたら、所属支部の教育委員会に聞いてくださいね。
それでは、日々研鑽。新風会にも参加して最高の募集人でいましょう♪

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報60】ネットで調べ代理店で契約は続く♪

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 10月9日(月)

 ◇労災補償制度の募集開始 JA共済
 ◇生体とドライブレコーダーを統合 東京海上日動
 ◇JTB会員のiDeCo申込みで三井住友海上のスキーム活用
 ◇代理店経営情報 地域住民から穴場情報を収集しよう
 ◇保険ショップの現場から
 ◇競争を生き抜く代理店
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇中小企業開拓のポイントはココ!
 ◇目指せ!損害保険トータルプランナーへの道
 ◇交通事故死者数は前年同期マイナス 高齢者の死者数は54.4%
 ◇火災保険約款物語
 ◇深掘り!保険用語
 ◇地域密着代理店の非競争ブランドづくり
 ◇生保の食わず嫌いを解決する
 ◇体制整備への道のり

【保険毎日新聞】

 10月5日(木)

 ■埼玉代協 「首都圏での巨大地震」セミナー
 ■
損保ジャパン日本興亜 ライフデザイン研修
 ■JA共済連 全国で巡回型自転車安全運転診断

 10月6日(金)

 ■チャブ保険 安否確認サービス
 ■生保協会 17年7月末の生保事業概況
 ■2017年9月の主な動き

 10月9日(月)

 ※祝日の為休刊です。

 10月10日(火)

 ■生保文化センター eーライフプランニング最新版を公開
 ■㈱シナモン AI活用した文字認識ソリューション
 ■大同生命厚生事業団 関東地区贈呈式

 10月11日(水)

 ■三井住友海上・NEC等4社協業 サイバーリスク対策支援
 ■ACMSミニシンボジウム クロマグロの新計測法紹介
 ■損保協会 大学生の防災リーダー講座開く

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
先日、西部支部ボウリング大会に参加して、ガチで中学生女子に負けるスコアでした。
ボウリングとゴルフが逆になればいいのに!!と思う程です(;'∀')
それでも、久々のボウリング楽しかったです♪

今週のヤマ視点は、保険毎日新聞「首都圏での巨大地震セミナー」が
記事に取り上げてもらえました~\(゜ロ\)(/ロ゜)/♪
都合悪くて参加できなかった方は、下に動画を付けましたのでご覧ください。
以上、今週のヤマ視点でした。

って、短すぎるのでもう一つ。
保険毎日新聞から、「自動車保険加入率」についてです。
現在の自動車保険加入率って、どれくらいだと思いますか?

『7割強!』
80%を切っているんですね。
事故があったらどうするのでしょうか?
実際、裁判で判決が出ても実際に被害者に支払われるケースは、
ほとんどないに等しい。と言うデータもあります。
ある弁護士曰く『無資力には法は無力だ』と言われてた事が思い出されます。

代理店向け情報をアンケート調査からピックアップしましょう♪

1、自動車保険加入時に参考にした情報源
 1位:ホームページ(保険商品を扱ったページや保険料比較サイト)
    皆さんの代理店HPは、地域名で検索上位に出ますか?
 2位:知人友人からの口コミ(既存顧客からの紹介)
    ここが、私達代理店の重要なところです。
 3位:テレビCM
    まぁ、ほとんどの保険会社がNo1!でビックリしますけど(;'∀')
 4位:自動車購入店(ディラーや中古車販売店)
    もう少し上かと思いましたが、じわじわとシェアを広げてます。
    埼玉代協会員も中古車販売して加入促進している方もいると思います。
 5位:営業職員、保険外交員(飛び込み営業ですね)
    最近では、なかなか難しい飛び込み営業。でも、継続は力なりかも?

その他、様々ですが複数回答に「インターネット」が出てきます。
これから、益々強くなっていくと思います。
しかし、代理店のHPは募集文章規制等がありますので、注意が必要です。

2、今後自動車保険に加入(更新)したい保険会社は?
 1位:東京海上日動
 2位:ソニー損保
 3位:SBI保険
 4位:損保ジャパン日本興亜
 5位:セゾン自動車火災
 6位:三井住友海上
 7位:あいおいニッセイ同和損保

もっとネット系が上位に来るかと思いましたが、なんと東京海上日動が1位。マジ?
下位にネット系がランキングされました。
東京海上日動グループの~♪でおなじみのイーデザイン損保は・・13位。フフフ。

以上の2つから、
『下調べはネット。でも実際の契約は人から』
つまり、代理店のHPを充実させて、親切丁寧な対応を行う余地がまだある!!と言う事。
周辺知識、磨いてますか?健康保険、年金、税金、法律などなど。
損害保険トータルプランナーで差を付けましょう!
損害保険トータルプランナー取得者は、約2万人。全募集人の1%ですから、
差別化にはもってこい!ですよ。
更新の1期・4期・7期・10期・13期の皆さん更新はお早目に。
そして、実践的な勉強では「新風会」で研鑽の場を儲けております。
今月は、医療保険、来月は社会保険です。ぜひご参加ください。

それでは、暗くなるのが早くなるので、交通事故に気を付けて頑張りましょう♪
代協のHPばかりでなく、当店のHPも作らなきゃのヤマでした。

コメントをいただきました♪

投稿者 : ゆきうさぎ
コメント : いつも貴重な情報を、ありがとうございます。
     無保険自動車、無保険バイク、他人事ではございません。
過去に、外人の運転する無保険自動車が赤信号で交差点進入でご契約者様が被害に遭い、
弁護士を入れましたが出廷せず。逃げられ、泣き寝入り。

 次が、信号待ちで止まっていたところ追突、相手は無保険。修理代請求したら、
お金がなくて支払えないとのこと。無過失事故特約にて対応。

現在、無保険バイクの御老人と交渉中。結構、あります・・・

投稿者 : 広報のヤマ
コメント : ゆきうさぎさん、コメントありがとうございます(^^)/⌒★
     『飲んだら乗るな!』の標語に『保険入れないならば乗るな』
     も入れてもらいたいですよね。
とは言え『任意』である以上、無保険車との事故はなくならないものですので、
その時にゆきうさぎさんの様に、アドバイスとケアができる様にしたいと思います。

埼玉代協の会員の皆さんは、協力弁護士がたくさんいますので気軽に聞けるメリットが
あります。新春の集いや通常総会、その他親睦イベントなどに来て頂いていますので、
そこで、合う弁護士さんを見つけてもらえればと思います。

無保険車をなくす運動をしていきましょう~٩( ''ω'' )و
一番いいのが、任意保険の対人賠償を強制保険にしてしまえばいいのにと思う。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報59】もっと「コンサルタント」しよう♪

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 10月2日(月)

 ◇損保ジャパン日本興亜 個人向け安全運転支援サービス
 ◇あいおいニッセイ同和損保 CSR・内部監査研修
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便!
 ◇保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇代理店登場! 親子二人三脚で代理店経営を進める
 ◇プロ代理店と提携強化で業容拡大を
 ◇深掘り!保険用語
 ◇真似して伸びる暗記営業のススメ
 ◇日本代協 南関東ブロック協議会イベント2017を開催

【保険毎日新聞】

 9月28日(木)

 ■アフラック 高齢契約向け現況確認サービス導入
 ■あいおいニッセイ同和損保 名古屋でキックオフミーティング
 ■メットライフ生命 認知症・介護テーマにセミナー

 9月29日(金)

 ■損保協会 原協会長ステートメント(上)
 ■シリーズ解読 IFRS保険会計①
 ■損保ジャパン日本興亜 経営力アップセミナー

 10月2日(月)

 損保協会 原協会長ステートメント(下)
 ■特別寄稿「損害保険における原因事故」京都産業大学吉澤卓哉氏
 ■ミック パンフレット制作パッケージシステム開発 10月3日(月)

 10月3日(火)

 ■WEF グローバルリスク・ランキング2017
 ■損保ジャパン日本興亜 訪日外国人向けの各種サービス充実
 ■インターリスク総研 情報セキュリティ対策セミナー

 10月4日(水)

 ■MS&ADグループ タイでの交通安全防止サービス広がる
 ■ティーベック 「ホワイト500」認定取得
 ■記者の視点から 京都市で自転車保険加入義務化

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
3連休ですね~(^^)/
今週は、さぼっちゃおうかな~と思いましたが、束になっている新聞に呼ばれました!(笑)
休みも3日あると、ゆっくり出来ていいですね。ビバ!休日。
4日の十五夜、あいにくの天気で満月が見れませんでした。
情報によると、深夜見れたようです。残念。
そう言えば、埼玉県民のラジオ=Nack5の「ゴゴモンズ」番組内で、
代協が提携している「タウ」さんがCM出してました。
事故車買取No1との事。
スゴイですね~。埼玉代協会員の皆さんは、紹介するとお礼くれますからね。
ドンドンご紹介して、臨時収入を稼ぎましょう¥

さて、前置きが長くなりましたが、今週のヤマ視点は・・・
どうしよう!何を書けばいいんだ(;'∀')
って言ったら、横山理事に怒られますね。。
新日本保険新聞4面『日本代協 南関東ブロック協議会イベント2017を開催』に
我らが埼玉代協理事、横山理事の顔写真が掲載されていました。
悪い事をして!ではありませんよ(笑)
横山理事は、多用の中日本代協理事として、関東地方を中心に代理店業界の発展・向上の為
日々駆けずり回ってくれております。
そこでのあいさつで「中小企業のM&Aや事業継承に保険代理店が介在する意義」について
お話をされたそうです。
残念ながら、詳しい内容が記載されていなかったので、今度インタビューします。
(新日本保険新聞さん、ピックアップしてよ~~)

代理店業界だと、合併が多いですけどM&Aとなると買取に資金が必要で、
そこでの交渉がすごく難しそうに感じます。
例えば、代理店業でM&Aしたとすると、来年度確実に更新してくれるとは限らない。
つまり、買い取っても利益向上にならない場合がある怖さがあります。
同業でのM&Aと異業種とのM&Aは、違うと思いますし。
でも、興味深い内容だと思います。

事業継承について、中小企業の場合難しいのは「親子間の事業継承」だと思います。
他人の方が、きっぱりしてそうですよね。
親子間での事業継承は、感情が入ったりしますから大変です。
親の立場からすると「継承しないといけないのはわっているけど、子に使われるのも酌だ!」
子どもの立場からすると「継承したのに経営に口出してくるから、実質されていない!」
などなど、いろいろとややっこしいです。
こんなコメントを書いているヤマですが、20年後には渡す立場。
息子に継承・・・微妙だなぁ~(笑)

M&A、事業継承ご契約者様にそこまで提案できる代理店。
ちょっと、かっこいいかも( *´艸`)

コメントをいただきました♪

投稿者 : 795
コメント : ビバ 3連休!サイコーでした。釣り三昧しました(笑)

タウさんすごいナック5でのCMもさることながら事故車買取No1
うちも何度もお世話になっています。

Nack5と言えば私も795w 

運送業だった頃に、克也さんのサイン入り、日の丸ミッキーステッカーを貼り、
親指を立ててすれ違うトラックに挨拶してました。

事業継承は、まだまだ分からない事だらけで、逆に口出してもらわないとテンパリます(笑)

投稿者:広報のヤマ
コメント:ファンキ~~~٩( ''ω'' )وって番組ですね(笑)
     795さん、コメントありがとうございます♪
タウさんの買取価格いいですよね。ボコボコになった12年落ちのエスティマ、
ガリバーで車価0円、とある買取店10万円廃車費用が掛かると言われてたのに、
タウさんだと、12万円で買い取ってもらえました¥
さらに紹介手数料で1万円貰えたし(=¥ω¥)ノ
おすすめです♪

代理店の事業継承は、営業面よりも保険会社と金融庁登録に気を使います。
保険会社の担当者が詳しい方だと、すごく助かりますけど。
気を付けないと、前店主が無届募集!!になる事がありますので、
よくコンプラハンドブックなどを読んでおくといいですよ。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報58】業界向上の取り組みをしよう!

先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 9月25日(月)

 ◇あいおいニッセイ同和損保 2017年度GEM認定式典を開催
 ◇損保ジャパン日本興亜 LGBTを補償対象に
 ◇保険販売に役立つ業種別情報 ユニフォーム製造業
 ◇争奪保険マーケット 後進の育成④
 ◇保険営業に役立つ!労務と社会保険のワンポイントレッスン
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇最強の代理店組織を目指して!
 ◇代理店登場! 品質を高めて代理店ブランドの構築を
 ◇保険業界向けの継続的支援サービスをスタート
 ◇FP手法を活かした保険販売
 ◇交通事故削減はヒューマンマネージメントがカギ!
 ◇新・改正保険業法対応! プロ代理店の整備課題
 ◇三井住友海上 東京都と見守り連携事業で覚書

【保険毎日新聞】

 9月21日(木)

 ■KPMG・あずさ監査法人 IFRS第17号「保険契約」セミナー
 ■業務に役立つ交通事故判例
 ■MS&ADグループ 「国際複合運送人の賠償責任」でセミナー

 9月22日(金)

 ■デロイト トーマツ ベンチャーサミット2017
 ■損害保険料率機構 17年5月末の自賠責・共済成績
 ■グッドウィン 創業20周年記念大会を開催

 月25日(月)

 ★日本代協前会長 岡部氏に聞く 激動の6年、その軌跡を追う
 ■第一生命 RPA全社業務へ導入開始
 ■17年7月末の自動車・自賠責保険実績
 ■記者の視点から 代理店インターシップ事情(上)

 9月26日(火)

 ■東京海上日動 訪日観光客の受け入れ体制を支援
 ■デロイトトーマツグループ IFRS第17号テーマにセミナー
 ■記者の視点から 代理店インターシップ事情(下)

 9月27日(水)

 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 キャリアデザイン研修
 ■損保料率機構集計 17年6月末地震保険
 ■北海道代協函館支部 創立70周年記念式典

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
今年度も半分が終わりましたね。
上半期、いかがでしたか?
ヤマ視点も、あと半年なんですね~(''Д'')
嬉しいやら、淋しいやら、複雑です(笑)
次の広報委員会が、100まで続けてくれたら嬉しいな。
下半期も頑張っていきましょう(^^)/

さて、今週のヤマ視点は、新日本保険新聞「最強の代理店組織を目指して!」と
保険毎日新聞「
代理店インターシップ事情」を合わせてお届けします。

まずは、新日本保険新聞「最強の代理店組織を目指して!」での記事には、
部下と意見が違うのは自然であり、価値観違っても目標・理念を共有しよう。
と言った事が書かれてました。
経営者の意見と、従業員の価値観や意見には、違いがあります。
しかし、違い=間違いではないのです。
そこから、どれだけコミュニケーションを取って、
共通の目標・理念に繋げるか?が大切だと思います。

これは、埼玉代協でも同じだと思います。
埼玉代協の事業は、代理店の資質向上へ向けて役員は考え行います。
しかし、それが本当に正しいか?なんて分かりません。
だからこそ、アンケートやこのHPを通じてご意見をもらいたいのです。
埼玉代協の目的は、代理店資質向上、代理店地位向上です。
資質の向上とは?地位向上する方法とは?
多くの意見が欲しいところです。

次に、保険毎日新聞「代理店インターシップ事情」です。
京都の葵総合保険が大学生のインターンシップを受けて行ってます。
大学生を集めて何をしているかと言うと、
『社会人の基礎と仕事を学ぶ場』を目的にした10日間のプログラムです。
この10日間で、生損保の知識講座はもちろんありますが、
ユニークなのは、保険会社訪問や議員訪問、地裁傍聴など
変わったプログラムを実施してます。


記事を読んでいて、ショックでした。
代理店として同じ仕事をしていながら、
取り組みにこんなに差が出ているのかと!
この取り組みを自社でできればいいのですが、悔しいけど難しい。
でも、埼玉代協で出来たら面白いですね。
新卒採用をしたい代理店にマッチングできるのでいいと思いました。

この2つの記事より、もう1人でやる時代ではない。と言う事。
少数でも、トップダウンの強制したやり方ではなく、
経営者は、意見が出し合えるコミュニケーションを取り、
共通した思いで、理念や目標を持っていく事の重要さ。
そして、代理店単体、代協問わず後進の育成を図る取り組みが、
すごく大切だなと思いました。

皆さんは、どう思いますか?

コメントをいただきました♪

投稿者 : ゆきうさぎ
コメント : 私も同じ意見です。
     一人で頑張れる時代ではないと思います。
同じ思いを持った仲間と協力しあえる環境が作りが必要なのではないかと思います。

投稿者 :広報のヤマ
コメント : ゆきうさぎさん、2週連続コメントありがとうございます(^^)/
     1人でやれるうちは、ラクでいいんですけどね~。
ゆきうさぎさんの言う様に、「同じ思いを持った仲間と協力しあえる環境が作り」が
出来たらこの仕事、もっと面白くなりますね。
その意味で、代協役員っていい機会だと思います。

代協の事業を通じて、信頼できるのか?その人の癖が許せる範囲なのか?
自分が持っていないところを補ってくれる人なのか?が良く見えます。
ゆきうさぎさんは、話し合いでほわっと包み込むように気付かせてくれるところが、
私にはできない憧れるところがありますよね。
また、私はありきたりな会社組織もイヤです。
例えば、みんな代表取締役でもいいと思うんですけどね。
55歳を境に、2院制の様にしたり。
ご契約者様を巻き込んで、代表総選挙も面白そうですよね。
いろんな意見が出る代協に!清水会長の方針が浸透してきていると思います。
また、コメントをお願いします♪

投稿者: 795
コメント : 確かに部下と意見が違う=間違いではないとおもいます。
意見交換もしくはまたはぶつかって始めてそこに疑問や間違いに気づくと思います。
そこで終わってはぶつかった意味がない、せっかくぶつかったならば個々の意見を
尊重しつつ代理店向上に努めていきたいとおもいます。

部下の立場ですがたまにぶつかるときもあり、そのときにイラッとしてしまい、
まだまだガキだなっと後で思うことも多々ありますが、この記事を読んで間違いではないんだなとおもいました。

「埼玉代協の事業は、代理店の資質向上へ向けて役員は考え行います。
 しかし、それが本当に正しいか?なんて分かりません。
 だからこそ、アンケートやこのHPを通じてご意見をもらいたいのです。」

 まさに埼玉代協の行っている新風会そのものだとおもいます。
スタッフは前年に何度もの会議を行いそして今年実践しております。
しかし、これで良いのか?来ていただいている方にご満足していただいているのか?
新風会向上にも必要なことであります。 

是非皆様ご意見お願いします。

投稿者 : 広報のヤマ
コメント : 795さん、初コメントありがとうございました。
ぶつかる事で分かりあえる事もありますしね。的外れ過ぎるのはダメですが…(;'∀')
何でもイエスマンだけでも、物足りないと思いますけどね。
本当に分かってんの?やる気ある?と思っちゃいますよね。
私は言い過ぎですけども。(斉藤専務理事が頷いてる姿が目に浮かぶ(笑))

これからも、つ・・795さんドンドン意見出してくださいね。
コメントもくださいね。
(あぶね。つい名前出しするところだった!!!( ;∀;))

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報57】「レジペイ」とは何者だ!?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 9月18日(月)

 ◇少短業者経過処置、30年3月末以降5年延長へ
 ◇損保協会 ぼうさい探検隊コンクール募集中!
 ◇拡大版商品パンフレット高齢者や障がい者向けに
 ◇リスクマネージメント実践講座
 ◇保険業界からのアフターサービス
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇安全文化を提案する代理店
 ◇損保代理店社長のアポあり人生
 ◇保険代理店価値向上研究会
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント講座 日本代協×中小企業診断士
 ◇代理店サポートコラム 見栄えをチェック事務所や社員など。
 ◇業界共通の口座情報登録用端末「レジペイ」

【保険毎日新聞】

 9月14日(木)

 ■三井住友海上 インバウンド事業者のリスクヘッジ
 ■大阪代協 「パネルディスカッション in OSAKA 2017」
 ■東京海上日動 海外進出・販路拡大支援セミナー

 9月15日(金)

 ■AIUプレスセミナー 表明保証保険の最新動向紹介
 ■アリアンツ火災 世界のリスク情報でリポート
 ■チューリッヒ生命 グローバル・コミュニティ・ウィーク

 月18日(月)

 ※祝日の為休刊でした!

 9月19日(火)

 ■ミュンヘン再保険会社日本支店 アプローチセミナー
 ■損害保険リサーチ 全国モラル調査会議
 ■東京海上日動 東北6県PRイベント

 9月20日(水)

 ■アナリスト経済短信 盛り上がりに欠ける住宅投資
 ■17年8月末 損保一般種目速報成績
 ■RINGの会 山口亮会長インタビュー

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
すっかり涼しくなったので、過ごしやすくていいですね。
この更新が終わったら、少しお昼寝でもしたいな!と企んでます(笑)

今週のヤマ視点は、新日本保険新聞「業界共通の口座情報登録用端末「レジペイ」」です。
三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和損保、
共栄火災の5社が共同開発をした
口座情報登録用端末「レジペイ」。
このシステムを簡単に説明すると、銀行のキャッシュカードを端末にシュッと
通すと口座登録が出来てしまう!という端末システムです。

んん?それって口振依頼書があるじゃん!
それに、昔クレジットカードで似たような端末があったよね?と思った人。
そうです。
昔クレジットカードであった端末のようなものです。
それに、今までの口振依頼書がなくなる訳ではありません。
端末の価格は、37,700円!リース購入も可♪

この端末は、クレジットカードやデビットカードには対応されてません。

募集人1人1台いかがですか?
タブレットに接続するので、完全ペーパーレス化が図れます!!

ヤマ的視点では、イマイチなんですよね。
何でも、デジタル化にすればいいというものではないと思います。
さらに、これハッキングされた場合は誰の責任なのでしょうか?
多分、保険会社になると思いますが、少し怖さを感じます。

また、端末の価格も「高いな」と思うのです。
口振依頼書ならばタダ。
それに、保険料のほとんどは0-1-1方式商品が多い。
郵送でのやり取りでも、十分間に合う。と思うんです。
皆さんは、いかがでしょうか?
その内、普及したいが為に「レジペイ指数」とか言われそうですね(;'∀')
違うんだよヤマ!という方は、コメントにて教えてください。

上半期最後の一週間、頑張りましょう♪
あっ!今週は、代協活動がない!!(笑)

コメントをいただきました♪

投稿者 : ゆきうさぎ
コメント : こんにちは!いつも情報提供ありがとうございます。
     とても参考になります。
     レジペイ、同じく高いと思いました~。
強制導入させられるのであれば、保険会社と交渉して代協を通して購入すれば大量購入に
なるのでお安くなります!とは、なりませんか~?
難しいかな?(ちょっと、つぶやいてみました・・・)

投稿者 : 広報のヤマ
コメント :ゆきうさぎさん、初コメントありがとうございます。
     見て頂けるだけでうれしいのに、お褒め頂き感謝です♪
      十五夜が、近付いてきたからかな?うさぎさんが来てくれました♪             今年の十五夜は、10月4日(水)だそうですよ('ω')ノ
今、保険会社は団体割引がブームみたいですから、できそうですよね。
代協団体割引~♪ 清水会長に頑張って交渉してもらいましょう!(人任せ。。)
実現したら、これも代協加入のメリットにもなるので、いいと思います。
某T社あたり、代手ポイント指標に入れそうで怖いです。
それでも・・、口座設定は重要情報なので通信で行うのは、ちょっと抵抗あります。
それよりも、口座引落手数が代理店負担!を改善してもらいたいです。
せめて半々、100%:0%追突事故じゃないんだから~と思ってます(笑)
十五夜過ぎても、コメントまたください~٩( ''ω'' )و

投稿者 : ゆきうさぎ
コメント : 素早いコメントありがとうございます。
     保険会社は、絶対手数料ポイントに反映すると言ってきますよね~
だったら、せめて購入価格を下げていただかないと・・・ご契約者だけでなく、
代理店からも儲けようようなんて・・・清水会長、頑張ってください!
埼玉だけでなく、全国巻き込んでください!

 

投稿者 : 広報のヤマ
コメント : ゆきうさぎさん、あくまでもヤマの妄想の域ですが、
     これだけ大手の損保会社が勢揃いで、開発したシステムなので普及に力を
入れるのではないか?と思ってます。複数人いる企業化・組織化されている代理店ならば
事務の不備指数を下げたいと思うかもしれませんので、募集人1人1台の購入があるかも
しれません。そこで、代協が間に立って少しでも普及&割引が実現出来たら最高です。
あとは、清水会長が何とかしてくれる!と思います(=゚ω゚)ノ
ムチャ振りしすぎて、お叱りの電話が来そうで怖くなってきた(;'∀')

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報56】GDPは上がる!でも賃金上がらず?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 9月11日(月)

 ◇少短各社が経過処置の延長を求める
 ◇損保協会 地震保険広報活動を実施
 ◇競争を生き抜く代理店
 ◇保険ショップの現場から
 ◇代理店経営情報 わが家の地震対策万全ですか?
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇中小企業開拓のポイントはココ!
 ◇めざせ!損害保険トータルプランナーへの道
 ◇高まる巨大地震の危険性 南海トラフ地震では最大239万棟が全壊
 ◇火災保険約款物語
 ◇地域密着代理店の非競争ブランドづくり
 ◇体制整備への道のり

【保険毎日新聞】

 9月7日(木)

 ■FWD富士生命 事業戦略説明会
 ■エフピーステージ 法人シフトチェンジ講座
 ■SOMPOリスケアマネジメント 人事部門向けセミナー

 9月8日(金)

 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情⑩ JA共済連
 ■2017~18年経済見通し
 ■2017年8月の主な動き

 9月11日(月)

 ■ラプアンIBFC/ラプアン国際保険協会 アジア・キャプティブ会議
 ■アニコムフロンティア 求人サイト「アニジョブ」好調
 ■フジ総合グループ 相続コンサルタントセミナー

 9月12日(火)

 ■コープ共済連 定期生命共済に新設「プラチナ85」
 ■第一生命経済研究所 数字ほど良くない雇用環境
 ■年金シニアプラン総合研究機構 年金シニアプランフォーラム

 9月13日(水)

 ■ラプアンIBFC キャプティブに関する調査結果発表
 ■アニコム先進医療研究所 河本社長に聞く
 ■アフラック 新宿駅で「がんを知る展」

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
台風が近づいてますね(;'∀')
関東地方、埼玉県は大丈夫なのでしょうか?(17日日曜日現在!)
先日は、娘の運動会でした。何とか最後まで出来て良かったですが、
少し肌寒くて「あぁ~秋なんだな~」なんて思ってました。
今年のクールビズは、今月いっぱいですからね。
そろそろ、ジャケットとネクタイの準備をしましょう♪

さて、今週のヤマ視点は、保険毎日新聞から、
「2017年~18年度経済見通し」
「数字ほどよくない雇用環境」の2記事合わせ技です。

まずは、2017年度~18年度の国内経済見通しとして、
実質GDP1.7%~1.8%増と明治安田生命、富士生命から発表されました。
 

  実質GDP 名目GDP
2017年度 1.7% 1.6%
2018年度 1.1% 1.5%

伸びる要因としては、非製造業の投資需要と国内公共投資が後押しするようです。
保険代理店業としては、「建設業」の伸びが期待されます。
賠償責任保険の基礎数字が、2年連続で1.7%~1.1%増えた場合、
代理店の挙績は、微増ですが増えるのでは!と淡い期待をしています。
では、個人契約も上がるのではないか?と思いたいところです。

しかしながら、第一生命経済研究所の調査によると、
失業率は下がるが、労働賃金は上がらない!!
????と思いませんか?
GDPは上がるのに、賃金は上がらないのはなぜか?
それは、正規雇用ではなくて、非正規雇用が増えるからです。

と言う事は、個人契約の増収はあまり見込めないと言う事。
やはり、これからの代理店は『賠償責任保険』などの新種に強くならないと
生き抜いていけないと言う事ですね。

賠責商品は、確かに難しいです。
同じ業種でも、会社によってリスク範囲が違いますので、
ヒヤリング能力を鍛えないと、代理店賠責案件へとつながりやすいです。
そもそも、業種判断が難しい形態も増えてます。
事故報告時は、民法も絡んできます。

だからこそ、法人の新種だけは通信販売はが難しいと思います。
私ヤマは、AI技術が発展してもこれだけは難しいのでは?と思ってます。
強引にまとめると。
①公共インフラの仕事をしている建設業の顧客を狙え!逃がな!
②賠責に強くなろう!
と言う事です。

後半戦、どの様に法人開拓をしますか?

コメントをいただきました♪

投稿者 : 斉藤高士
コメント : 法人の賠責は面白くないですか?私は大好きですね。
     ケースバイケースが多くて、手間がかかりますけど、オーダーメイドぽい
保険の設計になって、完成した保険は「仕立てあがられたな」という満足感があります。
で、結構保険金請求の事故があるのですが、出る出ないが代理店判断できない部分が
多く、これまた調査に時間がかかります。
でも救われた時の社長の感謝の言葉をいただけるとこの仕事のやりがいも感じられます。
他県ですが、法人の火災新種だけで9割くらいやっている代理店がいます。
ちなみに女性店主ですが。
あと、AIに任せられないこと、それはカウンセリング能力が思い浮かびます。
事故という不幸があったときに、お客様を最後は笑顔まで持っていけるか、
この辺はSEが作るプログラムに組み込むことは困難ではないかな。
カウンセリングはある程度他人の不幸を「引き取る」という作業が必要です。
機械はおそらくそれができないような気がします。
なぜなら、機械には病気になったり死んだりというリスクがないから、
同情心が不要だから。同情して、自分の心も痛める、というプログラミングは
たぶんSEはしないでしょう。ですので機械は冷たいのです。

投稿者 : 広報のヤマ
コメント : 斎藤専務いつも貴重なコメントを頂きありがとうございます。
     法人の賠償責任保険は、お客様の業務を詳しく聞いて提案するので、
カウンセリング能力が鍛えられると思います。それと同時に臨機応変に対応した
企画提案力、プレゼン能力も鍛えられると思います。
場を積めば積むほど、強くなっている手ごたえも感じます。
ただし、しっかりと支払いの範囲を覚えておかないと、300条の虚偽説明に
なりやすい怖さもあります。
斉藤専務のコメントにある「他人の不幸を引き受ける」と言う事かと思います。
しかし、この部分こそが保険代理店の良さではないかと思います。
自動車保険と火災保険、医療保険、生命保険、これらの分野は請求のパターンが
あるので、勧めやすい商品ですが賠償責任保険は、事故がパターン化できない。
だらからこそ、勉強しているか?が出やすい商品でもあると思います。
AI技術は、味方にするとこれほど強いものはないかもしれませんが、
敵に回すと、本当に厄介な存在だと思います。
パターン化できる物は、プログラムしやすい。
臨機応変、多種多様は、プログラムしにくい。
後者に強くならないと、保険代理店は勝ち残りが厳しいと思います。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報55】募集人育成はどうしてますか?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 9月4日(月)

 ◇大阪代協 「問われる顧客本位」テーマに
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便
 ◇HEART OF GOLD 大事な集客コントロール
 ◇保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇代理店登場! レタス倶楽部株式会社 まじめにこつこつ粘り強く取り組む
 ◇三井住友海上 代理店向け本社ツアー
 ◇深掘り!保険用語
 ◇真似して伸びる暗記営業のススメ
 ◇SOMPO HDとアイアル少短 介護度改善応援保険を発売
 ◇東京海上日動 金融オープンイノベーションに参画

【保険毎日新聞】

 8月31日(木)

 ■ミュンヘン再保険 17年度第2四半期業績(上)
 ■スイス再保険 有意義で持続可能な顧客関係構築へ
 ■保険会社、代理店、銀行などでロボットの実証実験広がる

 9月1日(金)

 ■ディシベーション・リスクについて考える「終身保険の必要性」①
 ■アリアンツ 16年の海運リスクを分析
 ■IIBA日本支部 意思決定マネジメントの権威を講師にセミナー

 9月4日(月)

 ■スイス再保険 17年上半期業績
 ■日本アンダーライティング協会 第52回教育講習会
 ■損保料率機構 16年度地震保険付帯率

 9月5日(火)

 ■金融庁 18年度の機構・定員・予算要求
 ■第一生命 第69回「保健文化賞」決定
 ■かんぽ生命 環境保護団体に寄付目録贈呈

 9月6日(水)

 ■SBIリスク少短 地震保険に関するアンケート
 ■生保協会 17年6月末の生保事業概況
 ■あいおいニッセイ同和損保 犯罪撲滅キャンペーン

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
今日は、リレーフォーライフがあるので、少し焦って入力してます。
焦れば焦る程、打ち間違いが増えるのはなぜでしょうかね?(笑)
そして、ほぼ毎週メール送信している「い~ニュース」いかがでしょうか?
今のところ、うざい!と言うお言葉はないので自己満足してますが・・・(;'∀')

では、今週のヤマ視点にいきましょう!
今週は、新日本保険新聞より「大阪代協 問われる顧客本位」のセミナー記事より。

大きなポイントは3つ。
①原点は「役に立つ」こと
お客様の声を聞く
募集人の教育

役に立ちたくない代理店なんていませんよね。
では、役に立つ代理店とはどうすればなれるのか?
②お客様の声を聞く。
 ・お客様から提案等をして「ありがとう」と言われてますか?
 ・お客様の不満を聞いてますか?
でも、お客様(ご契約者様)も不満点って言いにくいですよね。
アンケートを利用するなど、言いやすい環境作りも代理店の繁栄には大切かもなと
ヤマは思いました。

でも、やっぱり褒めてもらいたいですよね~♪
どうすれば褒められる様になれるのか?
この仕事は、何といっても『知識』が必要になります。
埼玉代協の多くの会員代理店は、社長と言えども募集(現場)に携わていて、
なかなかじっくりと募集人の教育を行う時間が確保できない!と思います。
また、社員も社長から教わるのは、ちょっと重く感じると思います。

しかし、業法改正の項目の中には、募集人の継続研修も代理店の義務になりました。
いつ検査が入っても「うちはしっかりと教育規定を持っている」と言える様にしましょう。
一番いいのは、検査時にパッと書面やデータで出せる事だと思います。

ヤマからの提案としては、埼玉代協の新風会をうまく活用してもらいたいなと思います。
自動車、自賠責、火災、賠責、公的保険、取り揃えたメニューになってます。
と入力してて、受講証みたいなものの発行を思いつきましたけどね・・。
ぜひ、活用してもらいたいと思います。
(※第5回新風会は、9月17日からHPより受付開始します!)

後半戦に向けて頑張りましょう(^^)/◠☆

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報54】損保ジャパン日本興亜も新規割引¥

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 8月28日(月)

 ◇自動車保険に『安全運転割引』導入 損保ジャパン日本興亜
 ◇14か国語で窓口対応 三井住友海上&あいおいニッセイ同和損保
 ◇保険販売に役立つ業種別情報 ワイシャツ製造・卸売業
 ◇保険営業に役立つ!労務と社会保険のワンポイントレッスン
 ◇最強の代理店組織を目指して!
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇代理店登場! 日本代協金子智明会長
 ◇損保一般収保100億円を達成
 ◇FP手法を活かした保険販売
 ◇新・改正保険業法対応! プロ代理店の整備課題
 ◇交通事故削減はヒューマンマネージメントがカギ!
 ◇大阪代協が委員会交流会を開く 6委員会が活性化へグループ討議

【保険毎日新聞】

 8月24日(木)

 ■17年度第1四半期 損保6社種目別保険料・保険金
 ■損保料率機構集計 17年4月末の自賠責・共済成績
 ■全保連「改正保険業法1年の対応」第三者による内部調査に密着取材④

 8月25日(金)

 ■ゼクシィ保険ショップ 「ハウブリッド接客」を推進
 ■生保各社の2017年度第1四半期業績
 ■あいおいニッセイ同和損保 アスリート入社発表会

 8月28日(月)

 ■タイムズサポート FP相談が拡大
 ■共栄火災 プラス1アクション運動展開
 ■損保料率機構集計 17年5月末地震保険

 8月29日(火)

 ■ベネッセコーポレーション ペッと保険の取り組み強化
 ■三井住友海上 「グローバル人財入門講座」推進
 ■ソニー生命 ボランティア・デイ開催

 8月30日(水)

 ■損保ジャパン日本興亜 ドローンで損害調査実施
 ■三井住友海上・東京電機大学 ロボットと林業でセミナー
 ■AIG ファミリーデー開催

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
今週から、9月になり秋らしい気候になりましたね。
営業をしていて気持ちいい季節です♪
先週行われた新風会では、定員を超える申し込みがあったり、
金曜日の代理店賠責説明会では、66名も参加者がご来場くださいました。
埼玉代協も、活気が出てきました♪
外に出て気持ちのいいこの時期、ぜひ支部会や埼玉代協のイベントに参加してみて下さい。

さて、今週のヤマ視点は、東京海上日動ネタが多いぞ!とのご指摘がありましたので、
損保ジャパン日本興亜にスポットを当てたいと思います。
新日本保険新聞『自動車保険に安全運転割引導入』です。

この割引について簡単にご説明すると、スマートフォンアプリ機能を使用します。
アプリの安全運転診断により、割引率が決まる!と言うもの。
特徴として、
①最大20%の割引がある
②幅広いお客様が利用可能(法人は適用なのでしょうか?)
③自動車以外の運転や本人以外の場合は除外できるシステム採用

対象契約は、
①平成30年1月1日以降の始期契約
②新規6(S)等級、セカンドカー7(S)等級
③自家用8車種

割引率は、

【安全運転割引の割域率】
  6(S)等級 7(S)等級
割引スコア80点~100点 20% 5%
割引スコア60点~79点 12% 3%

60点以下は、割引なしの様です。
私が疑問に思った事は、
①判断する道路を選べるのか?例えば、空いている高速道路と繁華街での測定は、
 当然点数が違ってくると思います。
②何度もチャレンジできるのか?
③本人確認はどの様にするのか?携帯アプリなので、替え玉運転出来そうですよね。
など、詳細についてはお近くの損保ジャパン日本興亜を取り扱っているお仲間に
ご質問してください。または、下のフォームにて受け付けます!
清水会長と澁田常務理事のツートップがお答えします(笑)

ヤマの取り扱う東京海上日動のちょい乗り保険の割引に似てますね。
割引率比較をすると、あまり変わらないかもしれません。
割引率判定は、東京海上日動は利用日数、損保ジャパン日本興亜は運転技術。
すぐに適用したい契約者は、損保ジャパン日本興亜の方がいいと思います。
そんなにすぐでもなく運転に自信ない・・と言う方は、東京海上日動の方が向いている。
そんな気がします。

今度、この手のアプリを利用したイベント大会も面白いかもしれませんね。
同じコースを一斉に走って誰が高得点か?
どうですかね、親睦委員長の山崎さん。(アイディア料はヤマ直接で!)
代理店だけではなく、一般の運転者に向けてのイベントも面白いかもしれません。
代協&会員代理店PRにもなるし・・。

各社、新規取り組みを色々出してきますね。
それでは、今週末の埼玉代協セミナーでお会いしましょう♪

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報53】儲けるだけでいいのか?保険会社!!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 8月21日(月)

 ◇29年度第1四半期の決算概況
 ◇ん・・。一期 リザルト改善の要請、相互扶助に基づく保険の原点
 ◇競保険業界からのアフターサービス
 ◇リスクマネジメント実践講座
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント知識
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇保険代理店価値向上研究会
 ◇代理店サポートコラム
 ◇日新モデルパワーアップセミナー

【保険毎日新聞】

 8月17日(木)

 ■マニュライフ生命 外貨建終身・年金2商品発売
 ■㈱想研 IFAの役割テーマにセミナー
 ■CPCU日本支部 チャプターミーティング

 8月18日(金)

 ■HDI-Japan サポートサービス格付けベンチマーク
 ■17年7末 損保一般種目速報成績
 ■SOMPOホールディングス サンクスデー

 8月21日(月)

 ■アクサ生命 終身医療保険「スマート・ケア」開発
 ■スイス・リー 大地震が企業に及ぼす財務影響(上)
 ■全保連「改正保険業法1年の対応」第三者に良いる内部監査に密着取材①

 8月22日(火)

 ■日本調剤 保険代理店事業を拡大
 ■17年6月末の自動車・自賠責保険実績
 ■全保連「改正保険業法1年の対応」第三者に良いる内部監査に密着取材②

 8月23日(水)

 ■あいおいニッセイ同和損保 米DTRIC社を完全子会社化
 ■全保連「改正保険業法1年の対応」第三者に良いる内部監査に密着取材③
 ■スタンダード・ライフ・インベストメンツ 
              アジア太平洋地域の保険会社の資産運用分析

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
近頃、代協活動に参加すると『HP見てるよ!』みたいに
お声をかけて頂ける事が多くなりました。
すごくうれしく思います。
YouTuberで有名になるとこんな感じなのでしょうか?(笑)

では、機嫌がいいところで今週のヤマ視点に行きます♪
今週はもちろん、「29年度第1四半期の決算」と「リザルト要請」についてです。

まずは、大手3グループの決算を表にまとめましたのでご覧ください。(今月は表攻め)

※単位は億円 ※()内は前年対比

  経常収益 四半期純利益 正味収保
MS&ADHD 14,809
(7.2%)
916
(140.9%)
9,552
(1.2%)
東京海上HD 13,996
(1.5%)
881
(▲9.4%)
9,193
(2.8%)
SOMPOHD 10,145
(19.3%)
270
(35.4%)
7,777
(3.3%)

経常収益と正味収保が、各グループ増えております。
この四半期での純利益は、東京海上HD以外増加。
単位が億円だけに、すごく利益出してますね。

その半面で、こんなセリフを保険会社担当者より言われませんか?

『この契約の更新はお断りしてください。どうしても更新してほしいならば、
 割増の保険料をお支払いいただくか、契約に条件(制限)を付けて引き受けてください』

保険会社社員は、上から目線で非情な一言を言ってきたりしませんか?
ヤマの取り扱う保険会社では、最近新種(賠責条項)で言われることが多くなりました。
そもそも、保険と言う商品は「相互扶助」を基にしてます。
事故を起こしたくて起こす人はいません。
そこを経済的に救済し、家庭・企業の存続を助ける商品です。

確かに、保険会社には管理する役目、株式である以上営利目的でもあります。
しかし、この様な圧迫をする事で、「契約しているのに使えない」事がおかしいと思います。
何の為の保険なのか?
(特に自動車保険の事故あり係数なるもの、示談交渉が長引いて仕方ない)
とは言え、引き受け保険会社が言うのならば、従うしかない代理店とご契約者様。
このあたりも、代協は戦わないといけない事かと思います。

話は、ガラリと変わります。
以前から自動車ディラーの不当な割引による募集が話題となってますが、
最近、「トヨタ」が業法無視とも言える募集をされている話をよく聞きます。
お気をつけください。
販売車両の値引きやサービスをぶら下げての保険契約を結ぶ事だけではなく、
勝手契約も出てきております。
車両入替を手伝う素振りをして、保険会社も違う契約をする。
クレームが入ると、1か月分の保険料を代わりに支払い解約で手続きを行う。
保険会社の誰にでも売らせてしまう体質と管理・教育体制ってどうなっているのでしょう?
専業代理店は、500円のQuoカードさえダメなのに!
不正な募集を発覚しましたら、ぜひ埼玉代協にお知らせください。
企画環境委員会は、この様な不正募集事例を集めており、その情報を全国で集計。
まとめて日本代協で訴えていく機関があります。
近々、このHPでも受け付けられるコーナーを設置したいと思います。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報52】専業代理店の存続危機迫る!?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 8月14日(月)

 ◇代理店実数が19万6043店舗に!
 ◇保険クリニック全国大会開く FC代理店76店舗参加
 ◇競争を生き抜く代理店
 ◇代理店経営情報
 ◇中小企業開拓のポイントはココ!
 ◇火災保険約款物語
 ◇地域密着代理店の「非競争」ブランドづくり
 ◇生保の食わず嫌いを解決する
 ◇体制整備への道のり
 ◇金融庁、事業者リスト公表 「顧客本位の業務運営に関する原則」で

【保険毎日新聞】

 8月10日(木)

 ■エクセルエイド少短 証券歩発行で契約可能に
 ■㈱シェアティブ キャンピングカー保険に特化
 ■AIGジャパン 被災地の子ども対象に野球教室

 8月11日(金)

 ※山の日の祝日の為休刊でした。

 8月14日(月)

 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情⑨全共済
 ■スイス再保険 「シグマ 16年の自然災害と人災」(上)
 ■三井住友海上・インターリスク総研 ESG投資・戦略でセミナー

 8月15日(火)

 ■損保協会 ICP13市中協議へ意見書
 ■スイス再保険 「シグマ 16年の自然災害と人災」(下)
 ■損保協会・生保文化センター 高校家庭科教師対象セミナー

 8月16日(水)

 ■共栄火災17年度台四半期決算
 ■東京海上日動 マリンセミナー「貨物事故の防止」
 ■三井住友海上 緑のアトリエ第18回クラフトセミナー

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
先週は、夏季休暇を頂きリフレッシュが出来ました(^_-)-☆
皆さんの休日はいかがでしたか?

さて、今週のヤマ視点は、「保険代理店実在数」についてです。
まずは、記事内容を表にまとめましたのでご覧ください。

  実在数 増減数 前年対比 1998年度(593,872店舗)
代理数 196,043店舗 6,105店舗減 3.0% 397,829店舗減
募集人 2,064,265人 4,522人増 0.2% 2007年より横這い
  実在数 前年対比
新設代理店 12,299店舗 13.4%減
廃業代理店 18,404店舗 8.0%増
日本代協加入代理店数 加入率
12,047店舗 6.15%
トータルプランナー数 取得者率
約20,000人 約0.97%
  代理店 直販 仲立人
募集形態別元受正味保険料の構成比 91.6% 0.1%減 7.9% 0.1%増 0.5%
  実在数 構成比
専業代理店 36,778店舗 18.8%
兼業代理店 159,265店舗 81.2%
  実在数 構成比
法人代理店 107,104店舗 54.6%
個人代理店 88,939店舗 45.4%
  実在数 構成比
専属代理店 148,789店舗 75.9%
乗合代理店 47,254店舗 24.1%
  構成比
保険専門代理店 20.8%
自動車関連代理店 50.1%
不動産兼業代理店 11.8%
その他兼業代理店 17.3%

いかがですか?(表にするのに1時間かかりました!褒めて♪)
この表を見て皆さんは、どの様な感想を持ちましたか?

私的には、
①専業代理店が少なくなっている事。
②思ったよりも、専属代理店が多い事。
③個人代理店が増えている事。
④直販がじわじわと増えてきている事。
⑤トータルプランナー数が増えていない事。
⑥日本代協加入代理店が少ない事。

①については、保険会社が誰にでも売らせすぎ!と感じるところがあります。
これでは、保険販売の地位が上がるはずもないかと思います。
②については、代申制度の壁の厚さを感じます。
③について、以前よりも個人代理店が増えている気がしますね。
やはり、法人税や社会保障費の問題もあるのでしょうか?
④について、インターネットのパワーには、恐るべきものがあります。
⑤トータルプランナー取得者の中には、保険会社社員もいます。
そうなると、代理店の取得者数は・・・かなり少ないですね。
①にも通じる事かと思います。
⑥日本代協の加入率もかなり低い事が分かります。1割もいかないのか・・(;'∀')
これは、もう全体的な運営方法の抜本改善が必要なのではないでしょうかね?
とは言え、保険代理士は損保協会のトータルプランナーに取られてしまったし、
残るメリットは、『代理店賠責』だけですかね。
個人的な思いとしては、埼玉代協の年会費の半分は日本代協に収めてます。
日本代協もっと考えろよ!!と言いたいです。

埼玉代協は、新風会やHPやメールでの情報発信、各支部会の創意工夫をしております。
代理店の質の向上、募集人の質の向上、そして代理店地位向上に向かってます!

しかし、もっと専業代理店は減少すると思います。
なにせ、若手がいない。40代のヤマが若手ですから・・(;'∀')
皆さんのご感想をお待ちしております!

コメントをいただきました♪

投稿者 : 斉藤高士

コメント : 広報のヤマさん、いつもお疲れ様です。
     表になっていてとても見やすかったです!!(褒めておいたぞ(笑))

 代理店数は私が18年前に脱サラ転職するとき60万店くらいありました。
ここ数年19万店くらいで横ばい状態が長いですね。
募集人は生保の営業職員さんと銀行さんが募集人になった時に
いっきに200万人になって、今も少しずつ増えていますね。
募集人数の増加は、一人当たりの収保や手数料の減少傾向に拍車をかけています。

この一人当たり収入の減少傾向と、委託契約上の一方的ポイント付与という施策に
よって、保険代理業の将来の不確実性は非常に高いものになりました。

この二つを原因として、代理店主は、後継者のみならず、従業員を増やすことに
躊躇せざるを得ないと思います。
それは、このHPのアンケート結果にもすでに出ていますね。

ポイント制度は民民の問題だから国は不介入である、という説がありますが、
保険業は、保険会社が国の代理人を務めている、というような構造があり、
我々保険代理店は国の復代理を受けている(代理人の代理人)、とも言えます。
純粋な民民の事業ではない、というように私は個人的に思いますので、
その意味で、国会質問にもありましたが、国が現状のポイント制度をどう解釈するか、
興味があります。

投稿者:広報のヤマ

コメント:斎藤専務理事、お褒め頂きあっざ~っす('◇')ゞ
     いつもコメントをいただき嬉しく思います。

斉藤専務が言う通り、募集人が増えても業界自体のマーケットは縮小傾向にあり、
各社、各商品値下げ傾向ですので、代理店業界は益々経営者手腕が問われる時代だと
思います。
各代理店が、自社にいる募集人にどのような継続研修を行うのか?
どのような生活や自己実現を提供するのか?その手助けができる埼玉代協で
ありたいところです。

『実質的に保険代理店は、復代理である。』その通りだと思います。
国の事業の復代理である代理店ですので、もっと意識高い業界にして地位向上にも
努めていきたいですね。
新風会も満員御礼で、受付締切になった事より埼玉の代理店に未来あると思います♪

投稿者 : 斉藤高士

コメント : そうです。「実質的に」われわれ代理店は「国」の復代理なのです。
     二年前の日本代協コンベンションで石原議員が
    「代理店が防災・減災にまで力を注いでいただき、国として感謝する」と
挨拶で述べていました。
この挨拶が実質復代理の証拠であり、また業法を改正し、財務省が直接代理店を監督する
ようにもなったのも証拠の一つと思います。
このあたりは、保険会社の社員さんも考え及ばない見方です。
数字が関係ない部分なので。代理店が「誇り」を持ってしかるべき部分は見方を
変えると意外と多いのかもしれません。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報51】損保苦情件数増加中!?賠責必要。

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 ※第5週目の為、休刊です。
  失くしたかと思いました~(;'∀')

【保険毎日新聞】

 7月27日(木)

 ■生保協会 橋本新協会長が所信表明
 ■損保労連 18年度税制改正に対する要望
 ■損保ジャパン日本興亜 海外インフラプロジェクトでセミナー

 7月28日(金)

 ■富士火災 「フロークラブ」開始10年
 ■17年度5月末の自動車・自賠責成績

 ■МS&ADグループ 運送実務セミナー

 7月31日(月)

 ■生保で進む中小企業開拓③ かんぽ生命
 ■スイス再保険 資本・リスク管理でカンファレンス
 ■損保ジャパン日本興亜財団 「吉田博展」内覧会

 8月1日(火)

 ■生保で進む中小企業開拓④ エヌエヌ生命
 ■生保協会 18年度税制改正に関する要望(上)
 ■JJC・IYC記念全国協議会 国際共同組合デー記念中央集会

 8月2日(水)

 ■生保で進む中小企業開拓⑤ マニュライフ生命
 ■生保協会 18年度税制改正に関する要望(下)
 ■あいおいニッセイ同和損保 中小企業向けセミナー

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
うろうろと行先はっきりしない台風がうっとうしいですね。
この台風の様な経営にならない様に気を付けたいと思います(笑)

今週は、生保業界が活発でピックアップに苦戦しましたが、
今週のヤマ視点は、「そんぽADRセンター」の記事をピックアップします。
そんぽADRセンターとは、金融分野における裁判外紛争解決制度です。

損害保険における苦情・相談の受付機関は3回変更されてます。
1965年度~2005年度 損害保険相談室
2006年度~2009年度 お客様の声レポート
2010年度~現在     そんぽADRセンター
呼び方の変化も時代を感じます(笑)

肝心の苦情・質問・資料請求件数の推移を見てみましょう!

  1975年度 1980年度 1985年度 1990年度 1995年度
苦情 78 93 35 63
質問 2342 2223 4356 3516 6414
資料請求 154 237 378 238 685
2501 2538 4827 3789 7162
  2000年度 2005年度 2010年度 2015年度 2016年度
苦情 402 1032 18420 11031 10138
質問 9760 23991 1857 4620 4412
資料請求 1311 59242 23830 25512
11473 25023 77662 34861 35650

どうですか?
上段の時の特徴として、そんなにコンプライアンスなんて言われていない時代だったのでは
ないでしょうか?お客様との距離も近く、G(義理)N(人情)P(プレゼント)なんて懐かしい
代理店にはいい時代だった様な気がします。

ところが、下段2000年代では、「コンプライアンス」「消費者保護法」「業法改正」
など消費者向けの政策により、良く言えば消費者が賢くなった!保険と言う金融商品に
真剣に考えて契約する様になった!と言えるかもしれない一方で、代理店として見ると
やりにくくなった!があるのではないかと思います。
今までは、不満も直接代理店(募集人または担当者)に言ってくれていたものが、
そんぽADRセンターや保険会社に聞く様になりつつあるからです。
『お客様の本音が見えにくくなっている。』
次の表を見て下さい。
紛争解決手続件数の推移です。

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
126 360 416 409 520 529

503

2010年度と2015年度を比較すると、約4倍増加しています。
代理店として、備える時代だと言う事が見て取れます。
我々代理店は、『人と人のつながりを大切に!』が一番の売り言葉だと思います。
そう思うと、ちょっと寂しい時代かもしれません。
しかし、法人化し企業です!ビジネスです!進まないといけない。
保険会社が何とかしてくれる時代も終わりました。
ぜひ、最新の代理店業務の最新事故事例をチャックしてもらいたいと思います。
いつ?
今でしょう!!(ちょっと古いか?(;'∀'))
9月1日の代理店賠責説明会がありますので、まだお申し込みをされていない代理店の方、
今すぐお申し込みください。定員になると締切りとなります。
ヤマは、当然申し込みました!
【代理店賠責説明会】
http://saitamadaikyo.jp/15012234904332

それでは、夏季休暇まで頑張りましょう♪
※8月10日~8月16日記事、8月19日のアップはお休みの予定です。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報50】50回まで来たか~と自己満足?!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 7月24日(月)

 ◇あいおいニッセイ同和損保 代理店支援策「アシスト5」を提供
 ◇日本代協近畿ブロック 人材育成研修会を開く
 ◇保険販売に役立つ業種別情報 ろうそく製造業
 ◇保険営業に役立つ!労務と社会保険のワンポイントレッスン
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇最強の代理店組織を目指して! 『組織づくりの12分野』講座
 ◇保険代理店価値向上研究会
 ◇FP手法を活かした保険販売
 ◇交通事故削減はヒューマンマネージメントがカギ!
 ◇新・改正保険業法対応!
 ◇代理店成長モデルと標準営業活動

【保険毎日新聞】

 7月20日(木)

 ■NEXI 2016年度決算
 ■損保料率機構集計 17年4月末地震保険
 ■損保協会南関東支部・神奈川代協 地震セミナー

 7月21日(金)

 ■三井住友生命 外貨建個人年金に新特約
 ■損保料率機構集計 17年度3月末の自賠責・共済成績

 ■ブラックロック・ジャパン 中岡寛晶氏に聞く

 7月24日(月)

 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情⑦日火連
 ■あいおいニッセイ同和損保経営支援センター 中小企業セミナー
 ■BSサミット 2017年全国大会

 7月25日(火)

 ■生保で進む中小企業開拓① 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
 ■JA共済 自動車共済事故対応サービスで調査
 ■RINGの会 第19回オープンセミナー

 7月26日(水)

 ■生保で進む中小企業開拓② 朝日生命
 ■損保協会 18年度税制改正に関する要望
 ■アクサ生命 ユニット・リンク保険の説明会

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
梅雨明けしたら、雨が降る様になりましたね。
この時期はお祭りが多いと思いますので、できれば週末は避けてもらいたいですね。
そして、この週イチ情報も50回目!一人満足しております(笑)
100回まで行くかな~?

さて、今週のヤマ視点は『日本代協近畿ブロック人材育成研修会』です。
皆さん、人材育成と聞いてどんな研修内容を思い浮かべますか?
メンタル強化?
営業手法?
社員の行動改革?

なんと!『速読トレーニング』(''Д'')
代協のセミナーにしては、珍しい内容だと思いませんか?
速読のトレーニングって結構いい金額取られます。
どんな目的でこの内容になったか?
滋賀代協大谷会長曰く「紙上や画面上関係なく活字を読み解くスキルは重要となる。」
確かに!!私達の仕事は、活字を読み解くスキルを必要としている。
しかし、日々忙しい中じっくりと読んでいる時間もない。
でも、2時間の研修で身に付くものなの??

トレーニングの結果、保険約款を1分間に500文字から
1000文字が読めた方もいたようですΣ(・□・;)
保険約款で、1分間で500文字読める事もすごいと思いますが、
倍の1000文字はスゴイですね。
しかも、保険約款でこのペースならば、小説などならばもっと早そうです。
本を読む事が好きだけど、速度が遅い私にはぜひ欲しいスキルです。

『保険』『代理店経営』のセミナーもいいですが、この様な変わったセミナーもいいですね。
とは言いつつ、埼玉代協では9月8日金曜日に地震のセミナーが行われます。
まだ、若干席が空いておりますので、お申し込みをされていない方は
急いでお申し込みをおススメします!
満員になって申し込んでも、週イチ情報で早くって言いましたよね!と
事務局に言われるかもしれません。冗談です。。。。(;'∀')
【埼玉代協地震セミナー申込ページ】
  http://saitamadaikyo.jp/14995774283712

【代理店賠責説明会】
  http://saitamadaikyo.jp/15012234904332

コメントをいただきました♪

投稿者: 斉藤高士

コメント : 広報のヤマさん、お疲れ様です。
     このところ地震と業法改正のセミナーが多かったのでそろそろ人間力的な
     セミナーもあってもいいかもですね。
     中央支部では5、6年前に速読セミナーを検討をしたのですが、
     立ち消えになりました。

私も本を読むのは好きなほうで、最近は哲学書ばかり読んでいます。
読むスピードは、1ページ5分から10分かかります。行ったり来たり、戻って意味を
理解して、マーカーを引いて・・・、などやっているとそれくらい遅くなります。
ようは、よくわからないことが書いてある!ってことなんですが、
これと大変よく似た書物がありますね。なんでしょうか? 

「約款」です! 

まあ冗談半分、本気半分ですけど。

今は、ニーチェを読んでいて、彼は「同情」を否定しているので有名。
私は保険人として、これに反発しています。
なぜなら「情けは他人(ひと)のためならず」=情けはめぐりめぐって自分のために
なりますよね。これは最近、生物学的にも証明されたみたい。
生物は利他的行動を取るようになっていて、それが自分を含む種を保存し発展させると。
でも情け、同情心は感情ですから不安定。そこで登場したのが保険ではないだろうか。 

「同情の仕組化が保険である」 

保険があるから、世の中は破綻せずに発展した。
これはいまの私のニーチェに対する反論です。


投稿者:広報のヤマ
コメント:斎藤専務理事、いつもコメントありがとうございます。
     斎藤専務が、難しい哲学をフッてきた~~(ノД`)・゜・。

難しい事は、スルーさせていただくとして、保険以外のセミナーを企画しても
面白いかもしれません。企画環境委員会の大徳委員長よろしくです♪
その点では、未来の会や次世代の会は、テーマフリーだったので良かったかもですね。
西部支部の「モテル代理店になろう!」みたいな研修が一度ありましたが、
とても面白かったですよ。

ニーチェ、お笑い芸人の「ニッチェ」なら知っていますけど・・・(;'∀')
そんな時は、『Googleリサーチ!』(ドラえもん風に)
ググってみましたら、聞いた事ある名言がありました。
私は、金融・ビジネス以外ですと、歴史が多いですね。
たまに、ライトノベルなんかも気休めに読んだりしますが・・。
(内容はともかく文章の組み立てが面白くて、HP更新に役立ちます。)
本を読む。
すごく好きですが、こればかりは『紙』が良いですね。
Webだと目が疲れますし、頭に入ってこない!古いのかな?
紙の柔らかい光加減、手触り、読んだ時の達成感など、紙の本が好きです。
いつか出版してみたいですね。
出版のセミナーも受けてみたいですね。
埼玉代協で合同作成して、著者名は個人に出来たら良いのにな。と思ったら、
Web版ならばできるようですね。

まとまってませんが、コメントありがとうございました。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報49】高齢者にやさしい代理店に!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 7月17日(月)

 ◇第19回RINGの会オープンセミナー開催
 ◇生保は入り口、損保は出口 損保は複雑怪奇苦い思い後を絶たず!
 ◇リスクマネージメント実践講座
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇安全文化を提案する代理店 支社61年ぶりの3千人台
 ◇損保代理店社長のアポあり人生
 ◇代理店登場!
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント講座 中小企業診断士×日本代協

【保険毎日新聞】

 7月13日(木)

 ■りそな銀行 相談特化型ミニ店舗を開発
 ■保険会社を取り巻くサーバー関連法令・規則③
 ■TLC会 第46回定時総会

 7月14日(金)

 ■SOMPOインドネシア 外資系損保№1に
 ■
17年6月末 損保一般種目速報成績
 ■アイエスネットワーク 代理店セミナー

 7月17日(月)

 ■祝日の為休刊です!!

 7月18日(火)

 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 人材育成センターを開設
 ■交通事故紛争処理センター 16年度取扱事案分類
 ■リーガル・ホールディングス 代理店の体制整備サポート

 7月19日(水)

 ■あいおいニッセイ同和損保 「Bizセイフティ」
 ■生保各社の17年度営業方針 T&Dフィナンシャル生命
 ■インシュアランスサービス 事故管理システム提供

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
今日も夏~~~!!って感じの暑さですね。
暑い暑い。と言っていても仕方ないので、太陽光発電の如くパワー出していきましょう!

さて今週のヤマ視点は、事故関係「高齢者事故」です。
死者数が61年ぶりに3千人台との事ですが、割と多いなぁ~とヤマは思いました。
その内54.8%が高齢者となり、過去最高となりました。
ここで、高齢者の定義ですが、公的な発表は70歳から高齢者。
保険では65以上を高齢者としています。

高齢者事故死には、加害者になる場合と被害者になる場合があります。
加害者となってしまう原因は、高齢による操作ミスが多く、
被害者となるケースでは、歩行中の事故となります。
操作ミスの事故は良くニュースで報道されるのでご存知だと思います。
皆様もご高齢のご契約者様や、ご高齢の親族のいるご契約者様より、
『そろそろ、事故が起きる前に免許証を返納した方がいいと思いますか?』と
相談を受ける事が多くなっと思います。
「そうですね!」と返納を進めると契約が落ちるし、
「まだまだ大丈夫だと思います!」と言って大事故になれば大変な事になるし、
非常にデリケートに答えないといけないところです。

また、歩行中事故も思いがけない行動でヒヤッとする時があります。
特にご高齢の方の自転車運転。
つい最近では、国道16号線で堂々と自転車で右側走行して右折車線に!!
危ないので声をかけて、いくら車両扱いと言っても、これは危ないのでやめて!と
勘違いしている事に気付いていただきました。正直で真面目なんですよね。。。

埼玉県は、事故が多い県です。
更新時など高齢者に対しての注意喚起していきましょう!
ご高齢はめんどくさい!なんて言わず、やがては行く道。
思いやりを持った行動を続けていきましょうね~!

後は、この暑さです。
道でしゃがんでいたりしたら、ちょっと声をかけてあげるとか、
病気からも守ってあげましょう♪

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報48】AI技術の進化で代理店は…!!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 7月10日(月)

 ◇共同で自動車保険を開発・販売へ 三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保
 ◇時代を生き抜く代理店 オンデマンド型損保商品フィンデックと損保で取り組む
 ◇代理店経営情報 新世紀をホップ・ステップ・ジャンプ
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇地域代理店の「非競争」ブランドづくり
 ◇各地域の代協総会

【保険毎日新聞】

 7月6日(木)

 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情⑤JF共水連
 ■生保各社の17年度営業方針 メディケア生命
 ■生保協会 17年4月末の生保事業概況

 7月7日(金)

 ■損保協会 原新協会長が所信表明
 ■
生保各社の17年度営業方針 ネオファースト生命
 ■2017年6月の主な動き

 7月10日(月)

 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情⑥コープ共済連
 スイス・リー・インターナショナル 洋上風力・火力発電セミナー
 ■アイペット損保 小学生対象に動物の授業

 7月11日(火)

 ■エヌエヌ生命 新CEO就任で事業説明会開く
 ■東洋美術印刷 フィデューシャリー・デューティー対策セミナー
 ■記者の視点化Rあ 災害と保険代理店

 7月12日(水)

 ■スマホ使用のオンデマンド型保険 損保3社が引き受け
 ■日本空砲学会 第63回総会・研究報告会
 ■エーオンジャパン サイバーリスクでセミナー

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
久しぶりの3連休ですね。いかがお過ごしですか?
今週は、お休みしようかと思っていましたが、
習慣とは恐ろしいものでついアップしている自分がいます(笑)
しかし、天気が良すぎると言ってもいいぐらい、暑いですね。
お出掛けする方、日射病・熱射病に気を付けてくださいね。
あとは、代理店として、事故が起きない事を祈るばかりですね。

さて、今週のヤマ視点ですが、今年半分の記事からキーワード的に振り返ると
業界では、「異業種進出」「協同」「地域」が多く、
技術面では、「AI」「自動運転」「オンデマンド」「アプリ」が多いと思いました。

何が言いたいかと言うと、先日の西部支部会の座談会でも出ましたが、
『保険会社は、専属専業代理店以外に目を向けている』
だと感じます。
保険会社が目を向けているところは、
①大手異業種との提携(ほとんどが乗合代理店)
②兼業乗合代理店
③乗合専業代理店
④専業専属代理店
こんな順序ではないでしょうか?

専属専業代理店は、黙っていても所属保険会社商品を売る。
むしろ、保険のお客様しか囲えない。もう伸びしろも限られている。
だったら、他業種での顧客を取り込もう!!
これは、保険会社の運営としては否定できないところです。

では、埼玉代協会員の多くの専属専業代理店はどうするべきなのでしょうか?
乗合代理店になる!これも一つの方法ですが、なかなかハードルが高いところがあります。
兼業化する!比較的これが一番実現性がありそうです。
でも、何をする?このマーケット開拓も大変なものがあります。

このHPをリニューアルして、動画を付けました。
しかしながら、閲覧ビューが上がらない!
どこの代理店のHPを見ても更新されていない。
募集文章の問題もありますので、更新できない事情もあります。
YouTubeで保険の検索をすると、Webセミナーをされている方が増えました。
代理店としてやるのではなく、個人としてWeb公開してます。
多くが、コンプライアンス違反っぽい事をされてますが・・・。

でも、この様な取り組みができる人は、AI技術を味方にして生き残ると思います。
HPも使いこなせない様では、これからの時代は難しそうです。
代協も代理店向けのAIシステムを作ればいいのに!と個人的には思います。

保険会社各社とも、「火災・新種を売れ!」「商工会議所プランで売り込め!」
これが、主流の指導です。
でも、現実は既存顧客に割引の大きい商品に切り替えているので、
前年対比割れが起きているのではないでしょうか?
自動車保険も2台から割引する保険会社が増えました。
値引き合戦です。
でも、代理店ポイント体制は依然として、増収性・成長性を重んじる規定。
どうやって勝ち残るか?楽しくなってきました。

コメントをいただきました!

氏名 : 斉藤高士

コメント : 広報のヤマさん、お疲れ様です。
     上尾まつりで突風により施設賠償がらみの事故が起きました。
     数年前まで弊社取扱いだったのですが、わたしに委託している
     T保険会社の本店部門が商工会議所の契約を十把一絡げに取って
     行ってしまったために、今回の事故担当代理店になりませんでしたよ。
     地域のために動きたいのに動けない。皮肉なことですが。 

弊社も専業専属代理店であり、保険会社からプロ代理店呼ばわりされておりますが、
そのプロっていうのをやめてくれと言っています。
普通に粛々とやっているだけですので、馬鹿にされているうよに思いました。 

兼業代理店はプロとは呼ばれないですが、ヤマさんの書かれた通り、
保険会社は専業プロよりも重視している、あるいは真剣に取り組んでいる、
というのは肌で感じています。 

本業で食えているなかで保険を売っていただく、
という低姿勢にならざるを得ない部分があるのでしょう。
一方「プロ」代理店は保険しか売れないんだろう?という思いが
どこかに出てしまうのではないでしょうか。

専業代理店として、どこに誇りを持つか、この辺は大切になりますね。
職業魅力のない業態に若いできる人は入ってきませんので。

氏名:広報のヤマ

コメント:斉藤専務理事、いつもコメントしてくれてありがとうございます。
     保険会社の専属専業代理店への対応は、どこの保険会社でも粗末にしている。
     と代理店満足度は高くないようです。

地元にいながら、地元の役に立てない!情熱と責任感が人一倍強い斉藤専務なので、
悔しく歯痒い思いをされている事と思います。
でも、お客様は保険会社よりも代理店を見てくれていると思います。
きっと、来年は『斉藤さんから入ろう!その方が事故がない!』と言ってくれると
思います。

後は、我々代協会員が不当な募集に対して、しっかりと抗議していかなければ!
と思います。
その仕組みもHPをきっかけに構築出来たらと思います。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報47】痴漢冤罪の弁護士費用!?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 7月3日(月)

 ◇個人情報取扱業者が企業に限らない!
 ◇5疾病収入補償を販売 東京海上日動
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便!
 ◇代理店経営情報 保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇代理店登場
 ◇深掘り!保険用語
 ◇真似して伸びる暗記営業のススメ
 ◇各地域の代協総会

【保険毎日新聞】

 6月29日(木)

 ■全国信用金庫協会 貯蓄性商品販売休止に対応策
 ■アリアンツ 世界の損害賠償請求分析リポート
 ■㈱保険コネクト 代理店の意向に積極対応

 6月30日(金)

 ■全信中協 第三分野・事業性損保開拓へ
 ■あずさ監査法人 IASB,IFRS代7号「保険契約」を公表(上)
 ■アジア・インシュアランス・インダストリー AIR社

 7月3日(月)

 ■日本地震再保険 17年3月決算
 ■あずさ監査法人 IASB,IFRS代7号「保険契約」を公表(下)
 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 健康応援施策で説明会

 7月4日(火)

 ■ジャパン少短 痴漢冤罪ヘルプコールに注目
 ■JAIFA 新理事長に石井清司し
 ■東京海上日動等 運送事業者向け健康セミナー

 7月5日(水)

 ★日本代協17年度通常総会開催 新会長に金子智明氏就任
 ■第53回金融トラブル連絡調整協議会
 ■インターリスク総研 運輸安全マネージメントセミナー
 ■損保ジャパン日本興亜 パラリンアートカップ2017に特別協賛

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
今週は台風が来ましたが、大丈夫だってでしょうか?
そして、今日も暑い!太り気味のヤマは、冷房入れず更新作業。
汗を掻けば少しは痩せるかなと(;'∀')

さて今週のヤマ視点は、まず『ジャパン少短 痴漢冤罪ヘルプコール』です。
今年、痴漢に間違えられて線路に出て逃走する事件があります。
皆様ご存知の通り、この『痴漢』に関して推定無罪ではなく、
容疑をかけられた方が、無罪を立証しなくてはならないです。
してない事を証明する。本当に大変ですよね。

捕まった場合、弁護士に依頼する訳ですが当然自動車保険の弁護士特約はダメ。
日常生活の弁護士費用もダメです。しかしこのジャパン少短の弁護士費用は、
事件発生後48時間の弁護士費用(被疑者段階の着手金は対象外)を補償するらしい。
さらに、このヘルプコールは、ポチっとWebのボタンを押すと提携弁護士に一斉配信され
すぐに対応できる弁護士を見つけてくれる。
電車通勤の男性には必要かもしれません。

もう一つは、『東京海上日動 5疾病収入補償販売』です。
これは、『超保険』にしないと契約が出来ません。
補償内容は、最長70歳まで年額100万円~300万円が5疾病で就業不能の時に
支払われる補償です。
月額保険料は、100万円の場合、

20歳 男性  100円 女性  220円

30歳 男性  440円 女性  770円

40歳 男性 1020円 女性 1480円

50歳 男性 3020円 女性 2600円
ただし、毎年更新型の1年契約です。保険料区分は5歳ごとの区分。
1年更新と言う事は、更新拒絶も保険会社は出来るんでしょうかね?
いいじゃん!と思うか?
ビミョウ~と思うか? これを読んだ皆さんはどっち派でしょうか?

来週は、3連休ですのでもしかしたらお休みするかもしれません。
なるべく更新しま~す(^^)/

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報46】な‥なんと日本代協の新会長は!?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 6月26日(月)

 ◇日本代協29年度通常総会開催! 28年度末会員数1万2215店に!
 ◇地震保険料率を変更 最大14.9%引き上げへ
 ◇保険販売に役立つ業種別情報 ~ボタン製造業~
 ◇保険営業に役立つ!労務と社会保険のワンポイントレッスン
 ◇代理店経営情報
 ◇最強の代理店を目指して 『組織づくりの12分野』講座
 ◇FP手法を活かした保険販売
 ◇新・改正保険業法対応! 個人情報保護法が改正
 ◇各地代協の総会
 

【保険毎日新聞】

 6月22日(木)

 ■損保協会 会長ステートメント(上)
 ■生保各社の17年度営業方針 かんぽ生命
 ■17年5月末 損保一般種目速報成績

 6月23日(金)

 ■損害協会 協会長ステートメント(下)
 ■アナリスト経済短信 17~18年の米国経済の見通し
 ■愛知代協 第9回通常総会

 6月26日(月)

 ■窓販チャネルの新年度戦略 日本生命
 ■17年4月末の自動車・自賠責保険実績
 ■JAⅠFA 2017年次大会

 6月27日(火)

 ■AWPチケットガード少短 昨年度売り上げが2倍超
 ■生保協会 17年3月末の生保事業概況
 ■東京代協 体制整備と外部監査テーマにセミナー

 6月28日(水)

 ■生保各社の17年度営業方針 住友生命
 ■損保料率機構集計 17年2月末の自賠責・共済成績
 ■住友生命 神奈川県がん対策推進員研修

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
2017年も半分が終わり、今日から後半戦ですね。
と言っても、この業界では年度基準ですので、前半戦はあと3か月ありますが…。
年始に立てた今年の目標の進行具合はいかがですか?
ヤマは・・遅れております(;'∀')
でも、今週やるべきことの新風会と総会報告に終わりが見えてきたので、
もう一息がんばろうと思います!

さて、今週のヤマ視点ですが、ビックリしました。
日本代協の新会長に、埼玉代協通常総会で講師をして頂きました。
金子智明氏が新会長に就任されました!!
総会時は、「今日だけ埼玉代協副会長で~」と言っておりましたが、
さすがだな~の一言です。
金子新会長は、元々東京代協の会長をされていました。
斎藤専務理事と、東京代協1泊の人材育成研修に行った時に初めてお会いして、
なんて気さくで、話しやすい人なんだろうと思った記憶があります。
ぜひ、頑張って支えていきたいですね。

また、岡部前会長お疲れ様でした。
日本代協コンベンションにて、スタッフである私に「ありがとう!」と笑顔で
労っていただいた事を覚えております。
すごくいい会長でした。

我らが埼玉代協の清水会長も負けてはおりません。
どうしたら、埼玉の代理店が良くなるのか?代協として何ができるのか?を
常に考えながらも、若手の提案を受け入れて見守ってくれてます。
皆さん、ドンドン支部会、セミナーに参加して頂きみんなで盛り上げましょう♪

もう一つ、保険情報から『地震保険料率引き上げ』です。
基本料率 全国平均で3.8%の引き上げ。
最大引き上げ率14.9%(福島県)
最大引き下げ率15.8%(愛知県)
東京がイ構造11.1%、ロ構造7.2%の引き上げですので、
隣の埼玉県は、当然引き上げとなると思われます。
昨年の埼玉代協の地震セミナーや東関東ブロックセミナーに参加された方は、
もうご存知だと思いますが、地震保険はこれから段階的に引き上げとなります。
地震保険すすめてますか?

もっと地震について情報が欲しいという方は、ご安心ください!セミナーありますから♪
9月8日に埼玉代協で地震セミナーを行います。
ぜひ参加して、最新情報を基にいい提案をしていきましょう♪

体調を崩さない様に気を付けましょう(^^)/

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報45】各社・各団体の社会貢献のあり方

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 6月19日(月)

 ◇共栄火災 全国優績代理店表彰式開催
 ◇保険リスクマネジメント研究会発足!
 ◇保険業界からのアフターサービス
 ◇リスクマネジメント実践講座 
 ◇代理店経営情報
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇安全文化を提案する代理店
 ◇保険代理店価値向上研究会
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント知識
 

【保険毎日新聞】

 6月15日(木)

 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情②共栄火災
 ■保険会社を取り巻くサイバー関連法令・規制
 ■あいおいニッセイ同和Novae社のトゥルーマンCIOが講演

 6月16日(金)

 ■金融庁発表 主要生損保の17年3月期決算
 ■判例を読む 火災保険で契約者の事故招致を認めず支払い命じた事例
 ■メットライフ財団 熊本で金融教育イベント開催

 6月19日(月)

 ■損保ジャパン日本興亜 介護離職防止に多面的支援
 ■生命保険修士会座談会 卒業して良かったア学院
 ■あいおいニッセイ同和 交通安全黄旗を小学校に寄贈

 6月20日(火)

 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情③全労済
 ■アリアンツ火災 「国際物流クレーム」でセミナー
 ■ソニックジャパン 第12回コンファレンス

 6月21日(水)
 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情④全労済協会
 ■生保各社の17年度営業方針 第一フロンティア生命
 ■あいおいニッセイ同和損保が寄付講座 障がい者が働きやすい職場づくり

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
暑かったり、涼しかったりと温度差が激しいですが、体調を崩したりしてませんか?
冷房を上手に使って、元気よく夏を楽しみましょう♪

と言いつつ、相変わらず私ヤマは、動画作成に追われております。
たった2分の動画をアップするのに、20分掛かる事でイライラしてます。
通信環境変えたい!でも、期中解約で違約金発生するし・・。
1G通信に変えたい~、埼玉代協さん援助プリーズ¥(笑)

さて、今週の記事では特にこれと言って取り上げるべき内容はないのですが、
損保ジャパン日本興亜の一貫して介護に取り組む姿勢は、すごいなぁと思います。
損保ケアも埼玉県内で増えているようですし、順調なのでしょうかね?
損保ジャパン日本興亜の代理店の人は、優先して低価格で入所できるとか、
特典はあるのでしょうか?ちなみに東京海上日動は、ない!との事です。

あいおいニッセイ同和損保は、交通安全に対する寄付がいつもいいですね。
PTAをやっていて黄旗は、何本あっても足りない!そしてすぐ壊れたり、
紛失するのでありがたいと思います。
うちの娘の小学校にも100本ぐらいくれないかな~。

埼玉代協もこの手の寄付を行えばいいのに・・と思う。
まずは、会員が深く関わる小中学校から始めてみるとか。
支部のレクレーションを削減すれば、100本できますね。

各協会の取り組みを見ると、実用的で時代に合わせた活動をする必要があります。
埼玉代協もそうですが、保険代理店業界、代理店ももっと社会貢献する団体に
変わらないといけないのかもしれませんね。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報44】金融委員会 代理店ポイントの検証!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 6月12日(月)

 ◇『オールインワンパッケージ(認証制度対応型)』 損保ジャパン日本興亜
 ◇平成28年度決算概況 正味収入保険料では東京海上HDがトップ!
 ◇競争を生き抜く代理店 
 ◇代理店経営情報
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇中小企業開拓ポイントはココ!
 ◇火災保険約款物語
 ◇地域密着代理店の非競争ブランドづくり
 ◇埼玉代協 通常総会開催!

【保険毎日新聞】

 6月8日(木)

 ■17年3月期 損保7社種目別保険料・保険金
 ■CPCU日本支部 17年度年次総会
 ■神奈川代協 第9回通常総会 

 6月9日(金)

 ★埼玉代協 第9回通常総会 代理店の資質・地位向上へ尽力
 ■チューリッヒ生命 標準生命改定テーマに勉強会
 ■生保各社の2017年3月期業績
 ■2017年5月ダイジェスト

 6月12日(月)

 ■あいおいニッセイ同和 高齢化社会支える取り組み
 ■三井住友海上経営サポートセンター 働き方改革への実務対抗でセミナー
 ■静岡代協 17年度通常総会

 6月13日(火)

 ■参議院(3月22日)代理店ポイント制度に関する質疑
 ■HDI-Japan HDIアワード2017
 ■京都代協 第10回通常総会

 6月14日(水)
 ■日本共済協会25周年 会員団体の最新事情①大学共済連
 ■判例を読む 交通事故損害賠償で遅延延滞金への法定重利を否定
 ■国交省・NASAVA 16年度自動車アセスメント結果発表会

 ★代理店座談会:「ピーク時の110Pから80P台に」
   参議院財政金融委員会審議踏まえ、代理店手数料ポイント問題を検証!!

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
総会の報告、新風会の報告、DVDの作成とやる事たくさんのヤマです!
皆さん、楽しい週末過ごしてますか~?(^^)/
梅雨時期にゆっくりとBGMを流しながら、
「本を読む」「埼玉代協のHPを見る!」大人の休日の過ごし方でお楽しみください。

さて、今週のヤマ視点1つ目は、
『参議院財政金融委員会、代理店ポイント問題の検証』です。
日本共産党 大門実史委員が出された質疑です。
(動画はこちら⇒動画外部リンク、1:37:34~
ポイントは、「地域密着で行っている小規模代理店が手数料ポイントで収入減となっている
一方、大手ディーラーや大手企業代理店は規模が大きいだけで手数料が増加している」
いい質問ですね~!大門議員としては、消費者に対する質が高い専業代理店よりも、
規模が大きい『だけの』代理店が手数料がいいのは良くない!との事。

それを受けて、代理店の座談会なる場所でのポイントとしては、
『現状について』:収保は変わらなくても手数料は下がっている。
『具体的な問題点』:ポイント制度の基準がおかしい
『損害率の問題と影響』:損害率を代理店に求める事はおかしい。
            引き受け拒絶の場合、挙績と手数料減に対する処置がない!
『大型契約は«カラ»が怖い』:大型契約を取ると翌年度の前年対比が厳しくなり、
            再来年度の手数料現減に響いて来る、2重の減に苦しむ。

私、ヤマはこの記事を読んで、確かに言っている事は正しいと思います。
専業代理店と兼業代理店の差別、専属と乗合の差別、専属専業代理店が一番条件が悪い事は、
すごくおかしいと思う一方、代理店も悪い!と思う事がある。

保険代理店が法人化(企業化)、後継者育成、等と言われすでに15年以上経ち、
今だ、他業種から簡単に参入できてしまう隙を与えている代理店も悪いと思う。
代協加入率も日本代協で80%以上ない状態。
埼玉代協は、約30%。
これでは、小規模代理店が大手保険会社に物が言える立場になる訳がないと思う。

静岡代協の通常総会記事で、『会員増強の成果も重要だが、目標に向かって理事・役員、
そして会員が一丸となって取り組みを推進できた事も大きな成果』と言っておりました。
『このままではいけない!!』と本気でこの業界の事を考えて、PDCAを組み立てられる
代協が全国で広がらない限り、ドンドン私達専業は苦しくなると思います。

埼玉代協は、今年度より新風会と言う新しい風を巻き起こそうと、
第1弾として募集人強化プログラムを行っております。
賛否あると思いますが、一度お越し頂き運営者と参加者で進化できたらと思います。
ちなみに、後日アップしますが6月16日の第2回では32名が参加してくれました。

もう少し、自分の代理店だけではなくて、業界の事を考え行動する事が必要だと思います。
ボランティア、確かに金にはなりません。手間で正直めんどくさいです。
日曜日、もっと自分の事したいです。
でも、何かその先にあるのではないか?と思ってやっております。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報43】法定利率が下がると保険金は増える?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 6月5日(月)

 ◇BCPに取り組む保険代理店グループ
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便!
 ◇代理店経営情報 保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇提案スキームの基礎固め
 ◇深堀り!保険用語
 ◇各地代協で通常総会開催!

【保険毎日新聞】

 6月2日(金)

 ■生保各社の17年度営業方針 富国生命
 ■(株)エルティヴィー クロスセルでセミナー開催
 ■マニュライフ生命 カジュアルウェア着こなし研修

 6月5日(月)
 ■マニュライフ生命 2016年度決算
 ■北海道代協釧路支部 交通安全セミナーにJAFが講師派遣
 ■三井住友海上 名産品フェスタ㏌駿河台開催

 6月6日(火)
 ■T&D保険グループ 17年3月期決算
 ■SOMPOHD SOMPO Digital Lab創立から1年
 ■海外トピックス 米医療保険 政策の混乱で先行き不透明

 6月7日(水)
 ■朝日生命 2016年度決算
 ■第一生命経済研究所 3月短期から見た17年度企業業績見直し
 ■ヨシダ・アンド・カンパニー アクチュアリーの育成推進

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
久しぶりの更新となり、楽しみにしてくれている方、ゴメンなさいm(_ _)m
アッと言う間に6月ですね。
埼玉代協も通常総会を終えて、新年度活動が各支部・委員会始動しております。
総会内容につきましては、只今編集中ですのでもう少しお待ちください。
来年度は、役員改選です。
この保険代理店業をもっと発展させたい!と志ある方は是非役員となって
頂きたいと思います。
広報委員会も来年度、新たな委員長にしっかりと引き継いでいきたいと思います。

さて、今週のヤマ視点ですが、新聞記事にパッとした内容がなかったので、
珍しく一般紙からピックアップしたいと思います。

『法定利率が3%に引き下げ!』
これが、私達の保険販売にどう関係するのか?
答えられる方はいますか?
え?ヤバ~と思った方は、トータルプランナーを受講しましょう!
法定利率が下がると損害保険金が増えます!
まず、復習ですが「法定金利」とは、法律が便宜的に「標準」とみなす金利です。
例えば、金利を決めずに、お金を貸し借りした場合の利息や、支払いが遅れた場合に払う
「遅延損害金」の計算に使われます。

保険の場合では、交通事故で死亡した場合など、多額の損害金をもらう場合です。
利率が下がって、損害金が上がる?なぜ?
例えば、27歳の方が交通事故でお亡くなりになった場合を例にすると、
①交通事故で死亡しなかった場合に得られる総収入を算出します。
 算出は、67歳まで働く事を想定する為40年分を計算します。
 (私が保険代理店業を始めたころは、60歳だった気がします)
②生きてたら使ったであろう生活費を差し引きます。
①-②=大まかな損害金となります。
そこから、「保険金と利息の合計で損害をカバーする」と言う考えより、
損害から、利息分を差し引いた額が保険金として支払われます。
つまり、①-②-利息=保険金ですので、
利息分が5%から3%に代わると、2%分保険会社は支払いが増えます。
(実際、3%運用なんて難しいですけどね)

それなのに、自動車保険の参考純率を平均8%引き下げる事になりました。
代理店の立場からすると、大きな事故で手間がかかり、損害率は上がる!
しかし、更新などで自動車保険料は下がる。当然手数料も下がる。
経営が苦しくなる!と悪循環ですね。
代理店が前年対比8%UPさせる事は非常に難しくなってきてます。
どうしましょうかね?

新規や複数販売強化がしたい!そんな経営者の為に、
埼玉代協では、新風会と言う募集人強化プログラムがあります。
ぜひ、参加されてはいかがでしょうか? 【申込はこちらから→ここ!!

あぁ、16日開催の資料もしあげないとなぁ~(ノД`)・゜・。

コメントをいただきました♪

投稿者: 斉藤高士さん

広報のヤマさん、久しぶりですね!
今回のコメントは勉強になりました。
死亡保険金のように将来を見越した算出の場合、
低金利になればばるほど今払う保険金は増やさないといけない、ということですね。

3%は現在の運用で見た場合、高いほうになるでしょうね。
そういえば東京海上日動あんしん生命の保険料が戻るRシリーズは、
前に計算したら契約者にとっての利回りが3%前後でした。
今の環境ならまずまずな運用商品といえるかも。

投稿者: 広報のヤマ

斉藤専務理事、コメントありがとうございます!
銀行金利がほぼゼロ!ですので、3%運用はかなり率のいい運用と言えると思います。

東京海上日動あんしん生命のRシリーズ、年3%前後でしたか~?すごいですね。
Rシリーズは、本当に健康であれば全て戻ってくるのでいいですが、
入院するとその分差し引かれてしまう点が、?のところですね。
結局、「保険」ではなくて自分のお金じゃん!?と言われたこともありました。
私個人の考えとしては、保険商品は金融資産運用には向かないかなぁと思います。

私は、GT-Rの方が好きだなぁ~って何の話だ!って。。。(^^)/

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報42】またまた大手異業社が参入?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 5月8日(月)

 ◇フリーランス向け福利厚生制度提供 損保ジャパン日本興亜
 ◇競争を勝ち抜く代理店 損保業界でドローン活用
 ◇代理店経営情報 代理店こそ地域情報提供の拠点
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇中小企業開拓ポイントはココ! 「平成29年度税制改正のポイント」
 ◇保険のビュッフェとヤマダ電機が業務提携
 ◇地域密着代理店の「非競争」ブランドづくり
 ◇東京海上日動とNTTデータ 
     「保険証券へのブロックチェーン技術に関する実証実験完了」
【保険毎日新聞】

 4月28日(金)

 ■経済価値ベースの評価・監督手法のためのフィールドテスト
 ■17年2月末の自動車。自賠責保険実績
 ■アイリックコーポレーション DeNAと「ほけんのコーデ」テスト

 5月1日(月)
 ■かんぽ生命 17年度資産運用方針説明会を開催
 ■富国生命 他者商品取り扱い拡大
 ■生保協会集計 17年2月末の生保事業概況

 5月2日(火)
 ■日本生命 17年度運用方針説明会開く
 ■早稲田大学・江澤教授 新講座「協同組合保険論」解説
 ■結心会 第34回定例会

 5月8日(月)
 ■かんぽ生命 法人向け他社商品取り扱いが拡大
 ■カカクコム・インシュアランス 海外旅行保険需要拡大に対応
 ■第47回 MDRT日本大会in京都

 5月9日(火
 ■エーオンペンフィールドジャパン パスワイズ日本導入
 ■生保各社の17年度営業方針 朝日生命
 ■損保ジャパン日本興亜環境財団 CSOラーニング制度説明会

 5月10日(水
 ■エーオンペンフィールド 「パスワイズ」開発
 ■生保労連 ワーク・ライフ・バランスで労使フォーラム
 ■太陽生命 くあおると健康アワード授賞式

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
ゴールデンウィークは、楽しめましたか?
今年のGWは、どこにも出かけずに自宅でPCの日々でした('Д')

さて今週のヤマ視点は、今通は特にこれ!って記事はありませんでしたね。
気になるところは、大手異業種の保険業進出が進んでいる事。を感じます。
ヤマダ電機で、保険が売れるのでしょうかね?
店内割とがやがやしてますし、電気機器を買いに来て保険を進められる。
加入前の意向把握は?と思います。

保険業法は、専業代理店だけに適用される法律ではありません。
しっかりと見張り公平・公正な募集活動にしないといけないと思います。
そして、どこでも保険を販売できてしまう希少価値のなさ。
専業代理店として、どう打ち出すか?
益々激戦となりそうですね。

頑張りましょう!

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報41】第1回新風会開催!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 4月17日(月)

 ◇親の介護による休業時の給料を補償 三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保
 ◇お客様に対する価値観 保険会社社員と代理店で異なる
 ◇リスクマネージメント実践講座
 ◇安全文化を提供する代理店
 ◇代理店登場 地道な法人開拓で信頼を得る!
 ◇代理店価値向上研究会
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント講座 中小企業診断士&日本代協
 ◇代理店サポートコラム
 ◇骨髄等ドナー向け保険保証期間を7年に延長 東京海上日動

【保険毎日新聞】

 4月14日(金)

 ■かんぽ生命 新規業務の許可申請
 ■JA共済連 4月に仕組み改訂
 ■大同生命 創業115周年、寄付講座も進化

 4月17日(月)
 ■ジェンリー・ジャパン・サービス 石井隆社長に聞く
 ■損保ジャパン日本興亜 「自動運転車」で意識調査
 ■ソシオ・ダイバシティ 第3回ソシオ大阪セミナー

 4月18日(火)
 ■世界経済フォーラム 「グローバルリスク報告書2017年版」
 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 健康エコシステム掲載を推進
 ■メットライフ生命 アクセラレーダープログラム最終選考会開催

 4月19日(水)
 ■第一生命グループ 中期経営計画の進捗報告
 ■明治安田生命 顧客本位の業務運営で方針
 ■日本保険学会 第222回関東部会開催

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
来週は、ゴールデンウィークですね。
お出掛けになる際にタブレットを携帯する方は、紛失にご注意してくださいね。

さて、今週のヤマ視点ですが、新聞記事ではありませんが埼玉代協には大きな一歩となる
『第1回新風会開催!』です。
昨年度より、1年8回の時間をかけて、ついに開催されました。

元々、西部支部の「次世代の会」と中央支部の「未来の会」が基となってます。
それぞれのいいところを活かしつつ、もっと本格的にプログラムにした学びの場にしました。
保険会社視点ではなく、代理店による代理店の為のプログラムですので、
実践的に知りたい事が知れる内容です。

役員としては、「本当に受講者の皆さんが来てくれるかな?」
「楽しんで為になるかな?」「うまく運営できるかな?」と不安も大きかったですが、
同世代の受講者が参加してくれて、盛り上がって本当に嬉しく思いました。

埼玉代協は、全ての会員のメリットになる取り組みをしております。
どうか、時間を作り支部活動やセミナーに参加して実践で活かしてもらいたいと思います。
では、新風会報告をお楽しみにしててください♪

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報40】アプリで取り込むのはアリ!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 4月10日(月)

 ◇WeBで外部監査の仕組み提供 日本代協 体制整備に関する代協会員支援策
 ◇損保協会 1件あたりの被害額増加 自動車保険盗難事故実態調査
 ◇競争を生き抜く代理店
 ◇代理店経営情報
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇中小企業開拓ポイントはココ!
 ◇代理店登場 あいおいニッセイ同和損保「一宮保険プログレス」
 ◇地域密着代理店の「非競争」ブランドづくり
 ◇生保の食わず嫌いを解決する 簡単セールス
 ◇改正個人情報保護法の実務 小規模取扱事業者も対象に!

【保険毎日新聞】

 4月7日(金)

 ■保険仲立人特集 20年の成果と今後の方向性 第3回
 ■日本アクチュアリー会 標準生命表の改定案を公表
 ■2017年3月ダイジェスト

 4月10日(月)
 ■金融庁 スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会
 ■窓販チャネルの新年度戦略 マニュライフ生命
 ■キャノンMJ 非定型帳票のデータ化業務を効率化

 4月11日(火)
 ■あいおいニッセイ同和損保 「ささえるNAVI」に車載器追加
 ■日本交通法学会 人身賠償保障研究会を開催
 ■三井住友海上・インターリスク総研 生物多様性テーマにシンポ

 4月12日(水)
 ■三井住友海上 「ココカラダイアリー」提供開始
 ■日本エマージェンシーアシスタンス 海旅・インバウンド対応に注力
 ■三井住友海上経営サポートセンター 「改正個人情報保護法」実務セミナー

 4月13日(木)
 ■ロイズ 2016年決算
 ■PwCコンサルティング インシュアテック活用に向けた取り組み支援
 ■ありがとうミスター保険 高島健太社長に聞く

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
お出掛けするのに最高の土曜日、いかがお過ごしでしょうか?
午前中、お客様の更新で高速に乗ると多くのバイクが気持ち良さそうでした!
きっと、杠葉副会長も今日あたりツーリングなんだろうなぁ。と思いながら、
渋滞にハマりました!!
ライダーの皆さん、渋滞のすり抜け時ぶつけない様に気を付けてくださいね。

さて、今週のヤマ視点は、各社のサービスアプリが面白い!です。
第一生命では、10年後(だっけ?)の自分の顔が見れるアプリが出され、
あんしん生命の社員がFBでアップしてました(笑)
損保で面白いアプリを出すのは、三井住友海上ですね。

運転を測定して、評価が出るアプリなどがありましたね。(たしか・・)
西部支部の親睦会で、プロのバス運転手に
杠葉副会長が試した事がありました(笑)
結果はさておき、今回は「ココカラダイアリー」と言うアプリが4月下旬に出ます。
記事によると、ストレス状態・歩数の測定・身長体重などの健康データ、食事記録が
できるようです。

まぁ、ここまでならば既にありそうですよね。
次がすごい!法人顧客向け専用ウェブサイトから、管理者は従業員の健康データを
閲覧できるようです。
つまり、経営者が一番知りたいメンタルヘルスチェックができるんですね。
面白おかしく、経営者の支援を取り入れるところがすごい。と思います。

各保険会社には、メンタルヘルスチェックのサービスがあると思います。
活用されてますか?建設業など義務になっている契約者様には有効ですよ。
ただ問題は、構えて受けるメンタルヘルスチェックよりも、
自然体で測定できるところがいいと思います。
手続きも簡単そうですしね。
契約者でなくても使えるようです。お試しになってはどうでしょうか?
埼玉代協でも、ストレスダービーをやっても面白そうですよね。
理事全員で誰が一番イライラマンか?など・・(笑)
私、負ける気がしない・・・。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報39】多種多様の取り組みが勝敗を決める!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 4月3日(月)

 ◇「テレマティクス保険」を開発 損保ジャパン日本興亜
 ◇「ココカラダイアリー」と提供 三井住友海上
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便
 ◇保険代理店が「家業」から「企業」になる方法③
 ◇知ってトクする税務情報
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇深掘り!保険用語
 ◇真似して伸びる暗記営業のススメ

【保険毎日新聞】

 3月30日(木)
 ■あいおいニッセイ同和損保 滋賀大学とビックデータで産学連携協定
 ■ミュンヘン再保険 自社株式買い戻しを継続
 ■損保労連 第62回中央委員会・結成50周年記念式典

 3月31日(金)
 ■ムーディーズ・ジャパン 日本の損保業界見通し
 ■生命保険経営学会 第19回定時会員総会
 ■メットライフ生命 プレスセミナー2017

 4月3日(月)
 ■第一生命 個人年金保険に新商品
 ■ムーディーズ・ジャパン 日本の損保業界見通し
 ■東京海上日動 インバウンド観光促進へ全国調査

 4月4日(火)
 ■AIG富士生命 「新がんベスト・ゴールドα」
 ■金融庁 保険フィールドテスト結果を公表
 ■17年度1月末の生保事業概況

 4月5日(水)
 ■NEXI 4月1日付で株式会社化
 ■保険仲立人特集 20年の成果と今後の方向性 第1回
 ■NSFOCUS 脅威情報サービス提供開始

 4月6日(木)
 ■SOMPOHDグループ 新入社員入社式
 ■金融庁 顧客本位の業務運営に関する原則(上)
 ■生保文化センター 高校生向け生活設計教材を全面刷新

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
桜も満開となり、ポカポカ陽気のこの季節は営業してて気持ちいいですね♪
最近の小学生は、公園で花見をするんですね。
ちょっと大人になった気分でしょうか?(笑)
成人しても、積極的に宴会・懇親会に参加してもらいたいですね。

さて、今週のヤマ視点は、「保険仲立人」と「生活設計教材」です。
まずは、「保険仲立人」いわゆるブローカーですが、
最近チラホラとお目にかかります。
保険代理店が、ブローカーとして別に設立するパターンも多くなっているようです。
ブローカーってどうなの?と思う人も多いでしょう。
直近の大きな話では、東京海上日動は三菱の保険をブローカーに取られる事態に!
これは、本当に驚きの事で代理店に置き換えると「親戚の保険を他社に取られる」様なもの。
かなり東京海上日動本社では大変な事だと、日本代協野元専務理事からの情報。
でも、考え様によっては埼玉代協でブローカーになってしまえば、
保険会社の垣根を超えた取り組みも出来そうですよね。
(モロモロ問題はあるのでしょうが・・・)
でも、それぐらい「保険」で利益を上げられるような取り組みも必要かもしれません。

二つ目に生保文化センターの「高校生向け生活設計教材」です。
これから、小学生もライフプランニングが授業で出てきます。
なぜ、この様な消費者向けの取り組みを日本代協はしないのでしょうか?
確かに消費者向け動画を日本代協広報委員会が作成してくれましたが、
もっと使えるツールを作ってもらいたいと思います。
保険営業に使えるツール、代協会員拡大に使えるツール。
埼玉代協も一般社団法人になって10年を迎えます。
そろそろ、「やべぇ!埼玉代協に入らないと!」と未加入代理店に危機感を与える
取り組みが必要なのではないかと思いました。

コメントを頂きました!

投稿者:専務の斎藤 さん

山崎広報委員長様、いつも記事アップありがとうございます。

本日、多くの御協力を得てようやく前年度会計が締まりました。
昨年の12月に引き継いで暗中模索の中でしたが、
組織活動が止まってはいけないとの一心でした。
総会・理事会は脳とすれば支部会や委員会は筋肉、骨格、事務局は心臓です。
存在は目立たずとも四六時中動いて血流を止めてはならないと強く感じました。

さて、各社テレマティクスを利用した保険に転換していくようですね。
個人の持つリスクが赤裸々にビッグダディ(政府、大企業)に吸い取られていきます。
一人一人の運転の癖、行先、頻度などなど。
リスク細分化の先進国アメリカでは交通違反歴歴、家族構成、学歴なども
料率要素に入れているようです。
すべてがテレマティクスになったら、非テレマティクスの自動車保険は
多少高くても人気が出るでしょうね。
そこまで真っ裸になりたくないですから。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報37&38】去る年度、来る年度!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 3月27日(月)

 ◇サイバー保険「あんしん補償パッケージ」損保ジャパン日本興亜
 ◇保険販売に役立つ業種別情報 「造花製造・小売業」
 ◇代理店経営情報
 ◇知って得する税務情報
 ◇最強の代理店組織を目指して!「組織づくりの12分野」講座
 ◇クローズアップ ライバルがタッグ組み新体制で発進
 ◇FP手法を活かした保険販売
 ◇交通事故削減はヒューマンマネージメントがカギ!

【保険毎日新聞】

 3月16日(木)
 ■第一生命 4国立研究センターとの連携進む
 ■CSCジャパン ユーザー情報交換会開催
 ■全信懇 16年度総会を開催

 3月17日(金)
 ■日本アンダーライティング協会 役割拡大を視野に人材育成
 ■17年2月末 損保一般種目速報成績
 ■LIMRA&星和ビジネスリンク 業務提携記念セミナー
 

 3月21日(火)
 ■損保協会 「損害保険トータルプランナー」座談会
 ■PwC  Japan 「保険業界におけるイノベーションと変革」セミナー
 ■日本再共済連 第11回共済課題研究会

 3月22日(水)
 ■SOMPOリスケア 健康起因事故撲滅へ防止策提供
 ■16年11月末の自賠責・共済成績
 ■三井住友海上経営サポートセンター 同一労働同一賃金ガイドライン案でセミナー

 3月23日(木)
 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 超高齢化社会の到来に向けて
 ■金融庁 業界団体と意見交換会
 ■損保料率機構集計 2016年12月末地震保険

 3月24日(金)
 ■アフラック COPC規格認証授与式開く
 ■東京海上日動 地方創生促進へ静岡でセミナー
 ■京都府損害保険代理業協同組合 創立20周年記念式典

 3月27日(月)
 ■第一生命 セカンドライフ生涯設計応援宣言
 ■アクセンチュア 第一生命健康増進サービスを包括サポート
 ■損保ジャパン日本興亜 就活イベント「JAPAN-DA  EXPO2018」

 3月28日(火)
 ■金融モニタリング有識者会議「検査・監督改革の方向と課題」で報告書
 ■共立 タイに合併会社を設立
 ■17年1月末の自動車・自賠責保険実績

 3月29日(水)
 ■メットライフ生命 代理店の改正保険業法対応を支援
 ■シーイーシー 保険代理店向けセミナー
 ■三井住友海上経営サポートセンター 年下上司が年上部下を動かす方法

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
この数週間は、年度末に追われて手抜きになりすいませんでした。
2週間分の記事情報を読み3時間・・・。
もう目が限界です(;'∀')
入力も大半は済んだので、もう少し頑張ります!

さて、2016年度も終わりましたね。
皆さん今年度の成績はいかがでしたか?
私ヤマの事務所は、前年対比104.5%とやった~~っとホッとしてます。

しかし、この時期にしっかりとPDCAの『C』と『A』を行わなくてはいけません。
東京海上日動の代理店は、再来年度代理店ポイントは超保険外枠ポイントがあるので、
来年度少し楽になるかもしれませんね。
だからこそ、再来年度挙績対策にもチャンスにもなります。
今年度のチェックからどのような対策を行うか?がカギとなります。

ヤマ的には、もう少し代協活動を効率よく行い、営業時間を確保したいと思います。
今年度は、代協活動に使い過ぎました!お客様と従業員に救われているようじゃダメ。
しっかりと経営と営業を楽しみながら両立しようと思います。

そこで、気になる『他社保険代理店の代理店ポイント体制』があります。
近々、公表・比較検討したいと思います。
それでは、29年度も増収増益を目指して頑張りましょう♪

そして、代協事務局は総会へ向けて多忙時期です。
斎藤専務理事は、会計処理。
澁田常務理事は、書記的な総会資料の作成。
清水会長は、全ての資料の確認・統括。
その全てに携わる入社間もない坂本事務局員。
代理店情報変更は、できる限り電話対応ではなくこのHPよりお願い致します。
また、総会資料を郵送します。その封筒の中に委任状がありますので、
会員全員提出ですので、早々のご返送をお願い致します。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報36】年度末は忙しい・・・2。

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 3月13日(月)

 ◇日本代協が28年度臨時総会開く
 ◇安全運転サポート車普及啓発
 ◇競争を生き抜く代理店
 ◇代理店経営情報
 ◇知って得する税務情報
 ◇中小企業開拓ポイントはココ!
 ◇代理店登場! お客様に喜ばれ、夢を語れる企業に
 ◇火災保険約款物語 第26回
 ◇地域密着代理店の非競争ブランドづくり 第3回
 ◇生保の食わず嫌いを解決する 簡単セールス
 ◇DRPネットワーク 平成29年度全国大会を開催
 ◇自動運転車に対応した新補償 損保ジャパン日本興亜無過失事故の特則も改定

【保険毎日新聞】

 3月9日(木)
 ■ミズノ 「ミズノスポーツ保険」の拡販へ
 ■16年12月末の生保事業概況
 ■あいおいニッセイ同和損保 ハートフルサポートコンテスト

 3月10日(金)
 ■震災特集2017!地震リスクを検証する
 

 3月13日(月)

 ■ユーラーヘルメス信用保険日本支店 2017年度キックオフミーティング
 ■ICMIF新会長 JA共済連を表敬訪問
 ■日本代協 2016年度臨時総会開く

 3月14日(火)
 ■金融トラブル連絡調整協議会で報告
 ■あいおいニッセイ同和損保コンタクトセンター社員が活動発表会
 ■住友生命 「わが家の防災」アンケート

 3月15日(水)
 ■アクサ生命 「ユニット・リンク」好調
 ■au損保 シニアの「Bycle S」好評
 ■三井物産・企業リスクプロテクション協議会 企業RMセミナー

===================================

広報のヤマ視点!
今週は、お休みさせていただきます('◇')ゞ

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報35】年度末は忙しい・・・。

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 3月6日(月)

 ◇28年度第3四半期決算概況 大手3社の純利益が二ケタ進展
 ◇損保ジャパン日本興亜 休日の事故対応を強化
 ◇公的保険アドバイザーからの情報特旬便 
 ◇保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇深掘り!保険用語 契約者間の公平維持「比例填補は保険制度の原則」
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇代理店登場! 市場の多角化で経営基盤の安定を
 ◇3団体共催「地震保険セミナー」 東京代協・損保協会・マンション管理協会
 ◇反社会勢力への対応 日本代協近畿ブロック公開セミナー

【保険毎日新聞】

 3月2日(木)
 ■ライフネット生命 スマホ新サービス説明会
 ■JA共済自動車指定工場協力会 16年度通常総会
 ■au損保 都盲協に寄付金

 3月3日(金)
 ■学校管理内外の補償制度(下) (公)スポーツ安全協会
 ■損保ジャパン日本興亜 物流BCPでセミナー開催
 ■オリックス生命 直販チャネルが好発進

 3月6日(月)
 ■日新火災 第10回トークコンテスト開く
 ■JA共済連 高齢者交通事故防止の取り組みが拡大
 ■ホロスプランニング 浦野社長に聞く

 3月7日(火)
 ■JA共済連 優良支店スマイルサポーター全国交流集会
 ■DRPネットワーク 17年度全国大会
 ■CCAJ コンタクトセンター・セミナー2017

 3月8日(水)
 ■あいおいニッセイ同和損保 埼玉県自動車整備振興会と連携セミナー
 ■損保ジャパン日本興亜 静岡で運輸安全マネジメントセミナー
 ■パワー・プロフィット・ジャパン 共同募集システムで特許取得

===================================

広報のヤマ視点!
今週は、お休みさせていただきます('◇')ゞ

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報34】生保は各社苦戦状態!?

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 2月27日(月)

 ◇平和堂と連携し保険ショップ (株)ホロスプランニング
 ◇保険販売に役立つ 業種別情報 「人造真珠製造業」
 ◇保険販売に役立つ!労務と社会保険のワンポイントアドバイス 
 ◇最強の代理店組織を目指して!「組織づくりの12分野」講座
 ◇知って得する税務情報
 ◇代理店登場 旧来型からビジネスモデル転換へ
 ◇FP手法を活かした保険販売
 ◇交通事故削減はヒューマンマネージメントがカギ!
 ◇損保ジャパン日本興亜テレマーケティングサービス 

【保険毎日新聞】

 2月23日(木)
 ■金融庁 改正保険業法施行後の保険代理店対応状況①
 ■対談 不確実性の拡大とその対応 第2回
 ■SAPジャパン 保険フォーラム開く 

 2月24日(金)
 ■生保各社の2016ンンド第3四半期業績
 ■損保料率機構集計 2016年11月末地震保険
 ■チャールズ・ディーラージャパン 「英国海損精算資格試験」勉強会
 ■
金融庁 改正保険業法施行後の保険代理店対応状況②

 2月27日(月)
 ■保険業界におけるデジタルエコノミーの未来 第1回
 ■トヨタレンタリース東京主催 「運転改善セミナー」
 ■対談 デジタルインシュランスの潮流
 ■金融庁 改正保険業法施行後の保険代理店対応状況③

 2月28日(火)
 ■アクセンチュア 「保険版フィンテック」の将来展望
 ■メットライフFPセミナー セカンドオピリニオン活用の実際
 ■アイリックコーポレーション 勝本社長に聞く

 3月1日(水)
 ■コファスジャパン 「キックオフミーティング2017」
 ■富士商會 がん治療テーマにセミナー開催
 ■かんぽ生命 「Eat&Smileプロジェクト」

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
3月に入り営業してて、少し春を感じる様になりましたね。
年度末も近いですが、皆様の業績はいかがですか?

今週のヤマ視点は、「生保各社苦戦状態!」です。
保険毎日新聞には、各社の状況が一覧となっていました。
パッと見て「▲」印が多い事を感じます。
第一分野の大縮小はもちろん、第3分野の医療系商品も出尽くし感がありますし、
10年更新タイプよりも、終身タイプの契約が多くなったので、
乗換契約が伸び悩みしているものと感じます。
埼玉代協の皆様の契約も10年よりも終身が多いのではないでしょうか?

 

でも、安心はできません。
どんどんこの業界に参入してくる業種・業者が増えております。
大資本による来店型ショップ、そして強化されるディーラーの販売体制。
笑ってられません。
来年度、皆さんはそんな戦略を立ててますか?

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報33】糸魚川大火に学ぶ!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 2月20日(月)

 ◇AIUと富士火災が来年1月に合併
 ◇クロスボーダーM&A SOMPOリスケアがセミナー
 ◇進化するIT・情報機器 ハイスペックの環境が身近に 
 ◇リスクマネージメント実践講座
 ◇知って得する税務情報
 ◇安全文化を提案する代理店
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント知識 中小企業診断士×日本代協
 ◇代理店賠責説明会 東京代協 

【保険毎日新聞】

 2月17日(金)
 ■東京海上日動あんしん生命 超高齢化社会の進展に対応
 ■ミュンヘン再保険・MRAS 市場調査報告会
 ■三井住友海上 16年度女性リーダースクール開催

 2月20日(月)
 ■損保協会、江東区「防災士フォローアップ研修」開催
 ■アイエスネットワーク 「iーFit」開発
 ■グッドウィン 創業20年機に拡大を加速

 2月21日(火)
 ■記者の視点 糸魚川大火を検証する
 ■16年12月末の自動車・自賠責保険実績
 ■SOMPOリスケア 交通事故防止支援サービス拡充

 2月22日(水)
 ■損保ジャパン日本興亜・SOMPOリスケア 巨大地震対策でセミナー
 ■16年10月末の自賠責・共済成績
 ■マニュライフ生命カップ 第11回エコノミクス甲子園

===================================

広報のヤマ視点!
こんにちは。広報のヤマです。
今週は、正副会長・支部長・委員長会議がありました。
事務局担当の斉藤専務理事は、かなりお疲れの様子でしたが、
終了後の飲みでは、埼玉代協に対する熱い思いを語ってくれてましたので、
まだまだ、パワーある事が判明しました!
岩瀬組織委員長は、茶化しながらも密かに3冠中の2冠(会員拡大・国民年金基金)を
狙っている事も判明。
会員一丸となって、盛り上げていきましょう♪

さて、今週のヤマ視点は「糸魚川大火」についてです。
この大火は、ちょっとした油断から約140棟もの被害に拡大しました。
火災保険証券数 67件
支払保険金額 11億7500万円
車両保険 13台 987万円
非常に大きな事故でお困りになった被害者は大変です。

この様な大火事故が発生した場合、保険会社では被災地域契約を検索して
すぐに損害担当者を派遣するそうです。
保険金請求手続きから査定を得て、保険金支払いまで最短で6日と聞きました。
6日、早いと思いますか?遅いと思いますか?
私は、早いなと思いました。
まずは、資金面でホッとしたいと思うだろうし、すぐに復旧の手続きに入れますからね。

火災保険に加入していなかった約73件の方たちは、どうしているのでしょうか?
住み慣れた地域で住み続けたいと思うでしょう。
しっかりと、火災保険を提案していきましょう♪

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報32】今週は手抜きさせてもらいます!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 2月13日(月)

 ◇ソニー損保がヤフー社と共同研究
 ◇AI活用人材の育成機関 SOMPOHDが設立
 ◇共同プロジェクト 東京海上HDS・損保ジャパン日本興亜
  ブロックチェーン保険イニシアティブ 
 ◇代理店経営情報
 ◇知って得する税務情報
 ◇中小企業開拓 ポイントはココ!
 ◇地域密着代理店の「非競争」ブランドづくり 

【保険毎日新聞】

 2月9日(木)
 ■エヌエヌ生命・アコード租税総合研究所
 ■対談・不確実性の拡大とその対応 第1回
 ■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 健康応援セミナー

 2月10日(金)
 ■企業メセナ協議会
 ■大阪代協・大阪・トータルプランナーの会 新春セミナー
 ■2017年1月ダイジェスト

 2月13日(月)
 ■損保ジャパン日本興亜 電話応対品質向上を推進
 ■生保文化センター 17年度事業計画
 ■損保ジャパン日本興亜福祉財団 NPO基礎強化資金助成首都圏贈呈式

 2月14日(火)
 ■損保ジャパン日本興亜 「16年度クレドマイスター経験交流会」
 ■三井住友海上 「働き方改革」セミナー開催
 ■損保協会中国支部 広島市と共催で防災講演会

 2月15日(水)
 ■ミュンヘン再保険 16年度決算(上)
 ■ICPaとComFrame改定の影響
 ■愛知県代協 新春セミナー&賀詞交歓会

 2月16日(木)
 ■ミュンヘン再保険 16年度決算(下)
 ■17年1月末 損保一般種目速報成績
 ■「争族図鑑」 編者・小川氏に聞く

===================================
広報のヤマ視点!
こんにちは。
今週のヤマは、委員会やら東関東ブロック会議やらで多忙のため、
ヤマ視点はお休みさせてください。
でも、気になる記事は送りますので、ご遠慮なく下記フォームでお申込み下さい。
では、良い週末を~~('ω')ノ

コメントを頂きました!

投稿者:専務の斎藤 さん

今日、近所の代理店仲間が来店し、
来年11日から自動車保険が1割安くなると教えてくれました。
朝日新聞に出ていたとか?
弊社の自動車保険割合は45%ですので、6.5%減収決定!

この4月1日からは自動ブレーキ装着車の割引も始まりますから
実際は1割よりも大きく引かれますね。
世の中インフレ傾向、物価高傾向にありますが、保険料は値下がり。
我々はデフレ業界です!

 自動車保険が値下げになるのは、これも代協仲間から聞きましたが、
商品の性能ダウンによる値下げ、商品価値が下がることによる値下げですね。
俗にペナルティ料率といいますが、実質的に事故で保険を使えないケースが大幅に増加。
商品としての性能が下がっただけです。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報31】4月自賠責保険手数料がUPするよ¥

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 2月6日(月)

 ◇ブロックチェーン技術活用で実証事業開始 東京海上日動
 ◇全国経験交流会開催 あいおいニッセイ同和損保
 ◇公的保険が民間保険の売り上げを伸ばす!~最終回~
 ◇保険代理店が「家業」から「企業」になる方法
 ◇知って得する税務情報 満期保険金の申告漏れに注意
 ◇時代を生き抜く提案スキームの基礎固め
 ◇深掘り!保険用語 新価保険について
 

【保険毎日新聞】

 2月3日(金)
 ■三井ダイレクト損保 ムジコロジー研究所サイトで新コンテンツ
 ■慶應義塾保険学会 16年度第4回研究会開催
 ■アクサ損保 キッズワークショップ開催

 2月6日(月)
 ■消費者志向自主宣言 明治安田生命
 ■東京海上日動RC・北村氏 交通安全国民運動中央大会で講演
 ■JC保険部会17年度第1回通常総会・京都例会

 2月7日(火)
 ■損保協会北関東支部・栃木代協 県内損保会社・代理店対象にセミナー
 ■損保ジャパン日本興亜 サイバーセキュリティー向上セミナー
 ■大同生命 役員による「社会貢献の会」

 2月8日(水)
 ■あいおいニッセイ同和損保 介護福祉施設管理者向けにセミナー
 ■MS&ADグループ LGBT支援へ職場環境整備
 ■第一生命が支援する認定NPO法人 との社会貢献対象特別賞を受賞

===================================
広報のヤマ視点!
BGMをかけながら更新している、広報のヤマです。
スピーカーを新調して快適です♪

今日もいい天気で最高の休日ですね。
皆さん何をされてますか?
週イチ情報を待っていた?嬉しいですね~。

では今週のヤマ視点は、『自賠責保険の手数料UP』です。
今年4月より、自賠責保険の手数料が1,660円となります。
今までは、1,600円ですから60円UPします。
60円・・・子供にあげても微妙な顔をされる額ですね(笑)
申込手続きして、自賠請求をする時間給を経費とすると赤字ですね。
とは言え、手数料を頂くからにはプロです。
自賠責請求できないお店も多いですよね。
これを見てくれている、トータルプランナーの皆様は余裕だと思います。
えっ!まだ申込みしてない?
2月17日まで申込みできますので、ここをクリックしてください。クリック!

これだけでは、斉藤専務理事からクレームきそうですのでもう一つ。
ここ最近、保険会社の地域連携が盛んに行われてます。
なぜか?
それは、「社会貢献」をしていこう!との取り組みです。
少しずつ企業も変わっているのではないか?と思います。
そして、各保険会社ごとに提携する分野で戦略が見えますね。
東京海上日動は、商工会議所。つまり企業の新種狙い。
損保ジャパン日本興亜は、介護・医療団体が多い。介護・医療保険とその賠責。
三井住友海上は、ネットワーク系団体。サイバー保険などが狙い。など
保険商品に結びついた取り組みをしてます。

この取り組みをどうやって代理店は生かすか?
これも、来年度増収するポイントになるかと思います。
保険会社が支援した内容を、さも自分が貢献しているかのような
情報提供トークは有効だと思います。
私は、幸い広報委員になりざっくりでも紙面を見て情報を得る事が出来ます。(タダで♪)
今まで、一度も資料請求がありませんが、どのように情報をキャッチしてますか?

欲しい方は、何月何日~の記事をくれ!と言っていただければ、
メールにてPDFファイルを送ります。
ご遠慮なくお申し込みください。

コメントを頂きました!

投稿者:なにも専務さん

広報のヤマさん、いつも記事の情報提供ありがとうございます。
ただで新聞が読めていいなぁ。というかもともとは事務局に送られてきていて、
誰にも読まれることなく捨てられていた業界新聞、
こうやって有効活用してもらえてうれしいです。
ぜひいろいろなところで情報提供お願いしますね。
ちなみに今2月21日午後8時半。これを事務局のパソコンから打ってます。
会計を一個一個仕訳しながら打ち込んでましたよさっきまで。
おっさんをこき使うなぁぁぁ!

投稿者:広報のヤマ

なにも専務さん(笑)コメント投稿ありがとうございました。
ただでさえ、日々忙しい業務がある中で代協運営に時間を割いて頂き、
本当にありがとうございます。
斉藤専務理事の埼玉代協をもっと活性化する様に変えたい!と言う気持ちは、
我々若手にも伝わってきております。
すぐには効果が出ないかもしれませんが、成果が出るまで頑張ります♪
その時は・・・金一封が??出ないよね(笑) 

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報30】損保一般種目速報成績が出ました!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 ◇1月30日発行紙面が届いていない為、休載します。
 

【保険毎日新聞】

 1月27日(金)
 ■ライフネット生命 LINE上で新サービス
 ■16年12月末 損保一般種目速報成績
 ■結心会 第33回定例会開く

 1月30日(月)
 ■第3回損害保険鑑定人フォーラム
 ■16年11月末の自動車・自賠責保険実績
 ■バイエルイノベーション コネクション 2016

 1月31日(火)
 ■朝日生命 厚労省「安全衛生優良企業」に
 ■生保協会 16年11月末の生保事業概況
 ■ティアタス 尾関社長に聞く

 2月1日(水)
 ■消費者志向自主宣言 保険会社各社が策定・公表
 ■埼玉代協 「平成29年新春の集い」
 ■AIGジャパン リトルリーグ野球教室開催

===================================
広報のヤマ視点!
こんにちは、広報のヤマです。
2月1日保険毎日新聞に埼玉代協が掲載されました!
清水会長の勇ましい姿がいいですね~♪
『フィデューシャリーデューティー』をスラスラと言えるからカッコイイ。
埼玉代協の皆さんは、トップページの動画をご覧ください。

今週のヤマ視点は、1月27日記事の損保一般種目速報です。
全体的には、1.7%減との事です。
しかし、この数字には海上保険も含まれておりますので、
海のない埼玉県民としては、ムシしてその他の項目に注目したいと思います。

種目別では、
自動車 0.8%増↑、自賠責 0.2%増↑、新種8.3%増↑、傷害 2.4%減↓、火災 12.5%減↓となっております。ざっと見る限り、やはり市場縮小を感じました。保険会社別でみると、損保ジャパン日本興亜がちょっと苦戦されているよな気配。東京海上日動の新種の伸びが累計で15.2%とすごいですね。海上保険では、13.5%やられてますが・・・。

年度末が近付いております。
皆さんの今年度成績はいかがでしょうか?
代理店手数料ポイントは上がりそうですか?
こんな事を言っておりますが、ヤマも苦しいところではあります。
共に頑張りましょう!

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報29】地震保険は売れてます!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 ◇au損保 新たな自転車向け保険販売
 ◇日本代協がPR企画 You Tubeで2本配信<動画を見る>
 ◇保険販売に役立つ 業種別情報『漆器製造業』
 ◇保険営業に役立つ!労務と社会保険のワンポイントレッスン
 ◇最強の代理店組織を目指して!『組織づくりの12分野』講座
 ◇FP手法を活かした保険販売
 

【保険毎日新聞】

 1月20日(金)
 ■スイス再保険 業界の枠を超えた連携推進
 ■16年10月末の生保事業状況
 ■検証 隈本地震 三井住友海上

 1月23日(月)
 ■あいおいニッセイ同和損保 ICTプロジェクト始動
 ■16年9月末の自賠責・共済成績
 ■RMCA特別企画 関根勤×高野いせこ×荒木洋二鼎談

 1月24日(火)
 ■SOMPOHDグループ パンフにユニバーサルデザイン採用
 ■損保料率機構集計 2016年10月末地震保険
 ■神奈川代協 17年新春の集い開催

 1月25日(水)
 ■ミュンヘン再保険 16年の自然災害でリポート
 ■損保協会 「損害保険トータルプランナー」座談会
 ■セント・プラス少短 坂本社長インタビュー

 1月26日(木)
 ■損保ジャパン日本興亜 女性社員向け健康セミナー
 ■全国レンタカー協会 事故防止サービスも拡充
 ■TMコーポレーション 第1回全国大会

===================================
広報のヤマ視点!
新春の集い編集に追われ、訪問件数の伸び悩みをしている広報のヤマです。
移行の大変さを思い知らされていますが、これも勉強と思い広報委員一丸となって
頑張って情報発信をしていきたいと思います。

さて、今週のヤマ視点は、1月24日保険毎日新聞より
損保料率機構集計 2016年10月末地震保険」
全体の保有契約件数 前年同期比3.9%増となっております。
では、わが埼玉県は・・・?

都道府県 保有契約件数 前年対比 新契約件数 前年対比
埼玉県 999,074 103.5% 42,501 94.8%
全国計 17,378,043 103.9% 736,514 93.1%

埼玉県の地震保険件数、もう少しで100万件なんですね。
記念すべき100万件目の契約者は無料~♪なんてあったらおもしろいですけどね。

馬鹿なこと言ってないで、まじめにいきましょう。

昨年、地震保険50周年と言う事で、埼玉代協5支部合同と損保協会とで
地震保険のセミナーをやった事を覚えてますか?
このセミナーでは、約180人が集まり地震保険について学びました。
また、東関東ブロックセミナーでも同様に行われて、ご契約者様を地震から守ろう!と
取り組まれた結果、しっかりと地震保険普及につながっていると思います。

ただ、埼玉県は幸いな事に大きな地震被害も少なく、また全般的に自然災害に見舞われる
事も少ないので、大地震後しばらく経つとやめてしまう事が多いと聞きました。
「やっぱり、もっと強くお勧めすれば良かった!」って事にならない様に
していきたいと思います。

地震保険ではありませんが、2月雪も増える月です。
火を使う事が多いので、火災の予防と火災保険の見直し、
そして、自動車保険の車両保険、スリップによる単独事故の見直しに注意して
いきたいと思います。
インフルエンザもはやる時期です。
しっかり予防して、頑張りましょう!

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報28】「慣れ」のコンプラにご注意を!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 ◇ソニー損保医療保険「Zippi」販売
 ◇三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保
   空家管理事業者向け「空家賠償責任保険」を販売
 ◇代理店の対応で解約へ 「契約者が主人でも家計は奥様」
 ◇保険業界からのアフターサービス①
 ◇リスクマネージメント実践講座
 ◇安全文化を提案する代理店
 ◇中小企業開拓に役立つマネジメント知識 中小企業診断士×日本代協
 ◇代理店サポートコラム 
   「欠ける「効率化と収益性」合併や法人化は達成店ではない!」 

【保険毎日新聞】

 1月13日(金)
 ■進む大手生損保ンの地域連携 住友生命
 ■16年10月末の自動車・自賠責保険実績
 ■損保協会 損害保険トータルプランナー認定授与式

 1月16日(月)
 ■進む大手生損保の地域連携
 ■16年8月末の自賠責・共済成績
 ■日本FP協会 老後とお金に関する意識調査

 1月17日(火)
 ■進む大手生損保の地域連携 あいおいニッセイ同和損保
 ■損保ジャパン日本興亜 社員向けLGBT勉強会
 ■保険プラザ 第19回全国大会開催

 1月18日(水)
 ■スイス再保険 最新技術と保険事業の融合推進
 ■東京海上日動神奈川エリア 大規模広域災害対策研究
 ■RIS 第13回全国大会開催

 1月19日(木)
 ■ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険レディース」
 ■アナリスト経済短信 大統領選挙後の米国景気
 ■IBS 標的型メール攻撃訓練サービスが好評
===================================
広報のヤマ視点!
先日は、新春の集いが開催されちょっと疲れがある広報のヤマです。
毎年開催されている「新春の集い」今年も盛大に行われ、86名の参加者が集いました!
上手な歌声に魅了され、落語で大いに笑い、素晴らしい会で保険会社の支店長様はじめ、
多くの来賓の皆様が、寒くご多忙の中来て頂きました。ありがとうございます。
印象的だったのが、来賓あいさつの衆議院議員 村井英樹議員(自民党)。
「専属代理店の乗合を保険会社に認めるようにする!」
これには、おぉ~♪と言った顔をされた代理店も多く、実現すればみんな自民党に
入れちゃうんじゃないの?って感じでしたね。
体制整備・PDCAしっかりしていきましょう♪

さて、今週のヤマ視点は!
新日本保険新聞より(代理店の対応で解約へ 「契約者が主人でも家計は奥様」)です。
この内容は、ヤマ所属支社の業務連絡会にて良く出る内容です。
更新手続きでは、訪問での説明や仕方なく電話募集になります。
誰に代理店は説明するか?
当然トータルプランナーの皆様はお分かりかと思います!
えっ!!!?まだ、トータルプランナーじゃない??
そんな方は、すぐに受講しましょう!まだ間に合います。
こちらをクリック(見終わってからね。)しつこいけど→クリック!
更新手続き(電話募集)の説明や確認は、ご契約者様本人です。
(代理人の署名を取り付ける事で可能の場合があります。)
つまり奥様はダメなんです!もちろん子供が契約者ならばお子さんに直でしないと!

業法では、そうなっております。
でも、実際奥様が家計の決裁権者のご家庭が多いですよね。

対応してくれた奥様に皆さんは何ていいますか?
「本当はダメなんだけど・・・」はダメですよ~。
「ご連絡ありがとうございます。ご主人様にご確認したいのですが・・」とか、
「ご連絡ありがとうございます。でも、久しぶりにご主人様とお話ししたくて~」などの
工夫をして必ずご契約者本人から、更新する旨の意向確認してくださいね。
寒さに負けず、頑張りましょう!
えっ!まだクリックしないの?いい加減しつこいですね(笑)クリック

親睦委員会のみなさん、新春の集いの運営お疲れ様でした。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報27】もっと広げよう!埼玉代協の輪!

★先週・今週のNews Index一覧

【新日本保険新聞】
 ・保険プラザ第19回全国大会
 ・競争を生き抜く代理店
 ・代理店経営情報
 ・中小企業開拓 ポイントはココ
 ・代協会長登場!「大阪代協黒石会長」
 ・火災保険約款物語
 ・地域密着代理店の「非競争」ブランドづくり
 

【保険毎日新聞】

 1月6日(金)
 ■年頭所感
 ■TMコーポレーション 京都店キックオフミーティング
 ■新ヨーロッパ通信(2493)

 1月10日(火)
 ■進む大手生損保の地域連携 損保ジャパン日本興亜
 ■TIS 「Sosiego」提携開始
 ■年頭所感

 1月11日(水)
 ■損害保険リサーチ 勇崎社長インタビュー
 ■日本年金学会 研究発表会
 ■あいおいニッセイ同和損保 第5回ハートフルサポートコンテスト

 1月12日(木)
 ■進む生損保大手の地域連携 三井住友海上
 ■日本賠償科学会 第69回研究会開く
 ■日本保険学会 12月関東部会開催
※1月9日(月)は、祝日のため休刊です。
===================================
広報のヤマ視点!
今朝は、体の芯まで冷え込む寒い日ですね。

おはようございます。広報のヤマです。

1月14日、今日はセンター試験1日目ですね。
大雪が心配されていましたが、埼玉県は無事晴れてよかったですね。
でも、ホント寒いので試験前に冷たいものを飲みすぎないで、
今まで培った実力を出し切ってもらいたいと思います。

さて、今週のヤマ視点は新日本保険新聞より「大阪代協」の記事です。
昨年も、多く取り上げられてました大阪代協。
現在の会員数は、約950代理店!今でもすごい加入率ですが、
1000代理店を目指すとの事。
埼玉代協の会員数は、約380代理店で加入率30%程度です。
小学校の教科書で「スイミー」という物語を知っていますか?
小さな小魚が集まり、大魚を退治するお話。
資本力では、大手資本にはかないません。
小資本の代理店は、どのように戦いますか?
魚ではないので、代理店毎に戦い方は違って当たり前ですが、
代協に加盟し同じ旗を掲げるだけで、大きく見えるのではないでしょうか?
「あの旗のある代理店は、良い代理店!」
これだけでも効果あると思います。
もちろん、埼玉代協それだけではありません!
今年の埼玉代協は、情報の提供徹底や経営のお手伝いもしていきます。
ぜひ、このHPをチェックしていただきメリットを感じてもらいたいと思います。
そして、みんなで勝ち残る代理店になりましょう!

読みたい記事は、PDFで送ります。
下記のフォームに入力していただき送信をお願い致します。 

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。

【ほぼ週イチ情報26】2017年の業界の方向性

あけましておめでとうございます。広報のヤマです。
新しい年と共に埼玉代協HPも新しくなり、
一層身が引き締まる思いと共にワクワクしております。

さて、今年第1弾の週イチ情報は、新日本保険新聞1月2日号をピックアップします。
代理店業界で著名人が、いろいろと昨年の出来事を振り返りつつ、今年の課題を挙げておられました。一部ご紹介します。
※紙面については、最下段にPDFをつけました。ぜひ読んでください!

<日本代協 岡部会長>
 1.新年にあたっての思い
 2.社会的存在としての代理店
 3.デジタル時代の代理店
 4.不透明な時代を乗り越える

埼玉代協の清水会長の新年あいさつにもあるように、「現状維持は衰退と同じ」とあります。
では、どのようにしたら「現状よりも進化できるのか?」
岡部会長は、「組織をどう機能させるのか?自ら考え、実行し、検証・改善を繰り返す」と
主張されてました。
ポイントは、『自ら考え』だと思いました。
そして、これは代理店経営だけではなく、埼玉代協にも言える事かもしれません。
埼玉で活動する代理店業界をいかに機能させ、業界を盛り立てていくのか?
とても、響くお言葉だと思います。

その他の記事も詳しく書きたいところですが、ぜひ記事原文を読んでいただき
今年の参考にして頂きたいと思います。
そして、今年もほぼ週イチ情報の閲覧もよろしくお願い致します。

コメント公開用の名前です。

必須

本名を教えてください。

必須
必須

テキストを入力してください

※コメントの繁栄に少しお時間を頂いております。ご了承ください。