『死亡事故が発生した際の対応を学ぼう』

「家族が交通事故を起こしてしまい、相手方が亡くなってしまったらしい、、、と警察から電話が来て、、、。」

とお客様から連絡が入ったらあなたは代理店としてどのようにアドバイスができますか?

 

みなさまこんにちは、新風会塚越です。

自動車保険を取り扱ってる私たちには上のような相談がいつ来てもおかしくありません。

その際にお客様にしっかりとアドバイスをし、安心をしてもらえるように今回の勉強会は

*損保ジャパン日本興亜株式会社から保険金サービス課の五島雄一さん

*弁護士法人阿部・楢原法律事務所 阿部哲夫弁護士

に講師として来ていただき死亡事故が起きてしまった時の対応について学びました。

勉強会では質問も随時まじえながら刑事事件の流れや民事上の責任、通夜や葬儀の確認、参列など社会的な責任について講義いただきました。

阿部弁護士からも事故の際の弁護士特約で対応できること、弁護士基準と人身傷害での比較や法人の従業員さんが通勤中に事故を起こしてしまった場合の法人が負う責任のケース・・・など様々なことを教えていただきました。

そして新風会の学び方、グループワークでは法人のお客様からの質問を受けた場合の対応についてグループごとに分かれ、みなさんの考え方、対応の仕方などを話していただきました。

みなさんとても熱く、そしてたくさんお話しいただいていましたね!発表も各グループでしてもらいました。

発表者の方々ありがとうございました!

【事例】

ABC株式会社の従業員・甲が5月10日(金)の19時に死亡事故を起こした。

【事故状況】

甲・車両が交差点を直進していたところ、左方から乙自転車が一時停止をせずに直進をしてきた為、衝突した。乙は転倒し頭を強く打ち、救急搬送先で1時間後に死亡した。

乙は45歳会社員。家族構成は配偶者と子2名。

 

問題①

契約者の社長から通夜、葬儀への対応をどうしたら良い?と相談がありました。

どういったアドバイスを行いますか?

検討事項

・通夜、葬儀へは誰が参列すべき?代理店は同行する?

・香典の金額はいくらにする?会社と個人の両方必要?

・遺族から叱責をされた場合の対応は?など

問題②

契約者の社長から、従業員・甲が警察の事情聴取で「相手も亡くなっているし甲が全面的に悪い」と説明を受けているのだが、言い返さずに認めるべきだろうか?と相談を受けました。どういったアドバイスを行いますか?

検討事項

・全面的に非を認めた方が今後の刑事事件等で有利になる?

・相手自転車が一時停止しなかったことを強く訴えるべき?

・ドライブレコーダーの映像の対応は?

第3期1回目の新風会、期待以上に勉強になりました!!

内容はぜひ、新風会の勉強会にきて体験してください!

埼玉代協独自の、手作り感は満載ですが(笑)皆様の営業活動の一助となれるよう運営委員で知恵を出し合い作っております。

運営委員も随時募集中です!勉強会を作り上げていくことで自分自身の大きな経験になることも多いと思います。

あ、そういえばお伝えするのを忘れていましたが第3期新風会のテーマは『経験』です。

今回の勉強会のように、あまり起こらないけれど、起こった時に対応が大事なことやマニアックな商品の勉強など普段の中ではなかなかできないものを『経験』していただき、自分のものにしていただければ良いなあ、、、と思います。

2019年度 第1回 アンケート結果

評価

    3.参考になった 26  .普通   .参考にならず   無記名

     全28枚

感想

・ありがたいことに自分の契約者で死亡事故を起こした方はいないが、今の仕事をしている以上 身近に起こりうることなので参考になった。

・損害サービスの方と弁護士先生の話が聞けて、参考となりました。

・今後起こりうる事例に対してテーマをもって勉強できとても良かった。

・未知の話なのでよいシュミレーションの場になりました。

・まったく死亡事故の経験がなかったので勉強になりました。

・実例にての話し合いのため大変勉強になりました。

・私自身、お客様に死亡事故は発生していないですが今後ないとは限りませんので、今回の講習を聞いたことにより、動揺せずに対応ができると思うので勉強になりました。

・死亡事故時の代理店対応等の方法が勉強になりました。刑事民事の対応の違いが理解できた。

・実際に死亡事案が多くあっては困りますが、万が一起きてしまった時のための、知識がわずかながら身につきました。大きな事故が起きる前にお客様への運転アドバイスも続けていきたいと思います。

・死亡事故の処理に対応した経験がない中で、他代理店さんの意見や保険会社・弁護士さんの活きたお話が聞けたので明日からの営業活動のためになった。

・今まで死亡事故が発生した時のことを考えたことがなかったので、対応の仕方等で本当に役に立ちました。今後このようなことが起きた際、実行していきたいと思います。

・とても参考となりました。ありがとうございました。公務員の方の示談、士業の方の事など免許点数など具体的な事もありがたい。

・身近に起きうる内容ですが、わからないことが多く、今日参加して多くのことを勉強させていただきました。ありがとうございました。

・死亡事故はあってはならない、あってほしくない案件であるが、実際に起こる可能性はゼロではない。その万が一の場合に備えることは必要である。そういう意味で皆様の考えが聞けたのは大変意義があった。

・死亡事故の対応はしたことがないので、非常にためになりました。事例を聞けたことも勉強になり今後の活動に活かしていきたいと思います。

・弁護士先生のアドバイスがありましたので非常によかったと考えます。

・実際死亡事故が発生した時の対応のポイントがケースによって違うが、何に気をつけるべきか、確認するべきかを理解することで、対応のスピードが違うと思います。今後の事故対応に役立てていきます。とても勉強になった。

・普段聞けない話がメインでとても参考になりました。

・今まで受けたことがないテーマでしたので非常に参考となった。

・死亡事故の実例というのは今までも将来的にもそうそう経験することはないとおもうので良い経験になった。今回の話を聞いて死亡事故にもしお客様が巻き込まれたときに少しは冷静な対応ができると思う。

・事故対応での役にたつと思いました。

・知らないことを参加して知識となりよかった。ただ話を聞いていてわからない点もあり、むずかしい部分もありましたが勉強になった。

*新風会 広報担当 塚田

皆さまいつもアンケートありがとうございます。今後の活動にも大変助かっております。

皆さまが仰っているように、死亡事故はそんなに経験できないでしょう。でも可能性がある限り、私たち代理店は知識を得なければならないとおもいます、今までにそのような場はありましたでしょうか?

今回のテーマは私も、スタッフ側ではありますが皆さまと同じ場で参加したかったのですが、都合が合わずに参加できませんでした。

内容を知りたいところですがリーダーが言っているように実際に参加して得られる知識を「経験」としてお持ち帰りいただきたく思います。

今後ともスタッフ一同、試行錯誤しながら頑張って参ります。よろしくお願い致します。

新風会に期待する事、今後取り上げてもらいたいテーマ

  • 弁護士特約について 対象となる、ならない?
  • 代理店としての新しい取り組み
  • 法人開拓をするには?!(個人のお客様が多いため)
  • ディーラーによる保険の抱き合わせ販売対策
  • 各保険会社が開示しない秘密の特約(割引)に関する研究
  • 企業に対する生命保険はどの商品を提案すべきか。
  • 火災、賠責
  • ドラレコについて
  • AI、デジタル社会の代理店立場
  • 弁護士先生の話は今後もやってほしい。

次回は7月5日(金)17:45~宇宙劇場にて

「政府労災と就業規則を学ぼう」です。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

事務局だより

  2019.08.02 第1NEW

支部会・勉強会の
お知らせ

10月23日

理事会・運営委員会
のお知らせ

令和1年11月08日

アクセス

住所

〒338-0002  
埼玉県さいたま市中央区
       下落合5-10-5 
    アステリVIP 211号室
    電話:048-755-9261